さんたんだ歯科医院
おもしろ歯科情報
歯磨きは、どうして必要なの?
簡単ですが、歯磨きがもたらす効果をご紹介します。

虫歯の予防
歯周疾患(歯肉炎、歯槽膿漏)の予防
歯の付着物を取ることにより、歯石がつくのを極力防ぐ
歯ぐきの決行を良くし、感染症に対する抵抗力を強める

といった作用があります。
要するに、歯磨きの目的は、歯垢(ブラーク)を取り除くことです。
しかし、現実は、歯磨剤の清涼感や歯ブラシの感触にごまかされ、肝心の歯垢(ブラーク)を確実にこすり落としてない方が多いのが現実です。
要は、歯垢(ブラーク)を落としていなければ、歯をちゃんと磨けていないこととなってしまいます。

歯を磨くということは、軽い歯肉炎も短期間で治せる程の効果もありますので、自分自身の管理次第で、健康な歯及び歯ぐきがしっかり保持できる、大切な生活慣習の一つと言えるのです。
歯と体が喜ぶカルシウムたっぷりの健康お料理レシピ
ひじきとほうれん草の菜種あえ
<材料(2人分)> 
生ひじき(洗う) 100g
しょうゆ 小さじ1
ほうれん草(茹でる) 80g
卵(わりほぐす) 1個
(A)マヨネーズ 大さじ1
(A)塩 小さじ1/6
 <作り方(所要時間10分)>
  1. ひじきは水気を切り、しょうゆをふる。ほうれん草は3cmの長さに切る。
  2. 鍋に卵を入れて火にかけ、4〜5本の菜箸でかき混ぜ、炒り卵を作る。
  3. 1,2を(A)であえる。
 <1人分の栄養>
カルシウム 135mg  ビタミンD 1g  ビタミンK 143g  エネルギー 98kcal  塩分 1.4g

>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.