卑弥呼の歯がい〜ぜ!
良く噛むことによってもたらされる8つの効用をご紹介します。

   ひ  肥満防止
     味覚の発達
     言葉の発達
     脳の発達
     歯の病気の予防
     ガン予防
   い〜 胃腸快調
     全力投球

“卑弥呼の歯がい〜ぜ"


古代人は食事を良く噛んで食べていたため、あごがしっかりしていて、歯が丈夫だったそうです。

  モロヘイヤのマグロあえ丼
<材料(2人分)>
湿かいごはん 300g
モロヘイヤ 100g
マグロ (刺し身用赤身) 150g
ねぎ 1/4本
しょうゆ 大さじ1
いリ白ごま 小さじ1
 <作り方(所要時間約30分)>
  1. モロヘイヤは塩少量(分量外)を加えた沸騰湯でゆで、冷水にとり、水けを絞って1cmくらいの長さに切る。
     
  2. マグロは包丁でたたき、ねぎは小口切りにして、しょうゆを加えて混ぜる。 
  3. 丼にごはんを盛り、モロヘイヤとAをあえて盛り、ごまを散らす。
     
 <1人分の栄養>
カルシウム161r エネルギー382kcal 塩分1.4g

>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.