さんたんだ歯科医院
おもしろ歯科情報
“入れ歯”でアフリカの子どもたちにきれいな水を!
国土の3分の2が砂漠で、日中の温度が50℃を超える灼熱と砂嵐の中、深刻な水不足のために不衛生な水を飲んで命を落とす子どもも少なくない、そんな過酷な状況にある “西アフリカのマリ共和国” に使わなくなった入れ歯を集めて井戸を贈ろうとしている市民団体があります。

その活動を行っているのは大阪市の
NPO法人 「不要入れ歯回収サービスセンター」 で、昨年の2月から7人の主婦が中心となって設立されました。

同法人の理事長を務める
酒井悦子さんは、若い頃から海外支援活動に携わってきたそうですが、この不要入れ歯回収サービスセンターを設立した動機として、 「不衛生な水を飲んで命を落としていくマリ共和国の子供たちのニュースを見て、いても立ってもいられなくなってしまった」 そうです。

そして、 「何をすればマリの子どもたちを救うことが出来るのか?」 皆で知恵を出し合い、情報を集めるうちに
パラジウムなどの金属を含んだ “入れ歯” が半導体などのリサイクル原料として重宝されていることを知り、入れ歯を回収してリサイクルすれば 「手押しポンプ式の井戸」 を購入する資金に充てられることを知ったそうです。

この
手押しポンプ式井戸1基の設置費用は “123万円”
これは
不要入れ歯 “約500個” 分に相当する金額だそうです。
設立後、酒井さん達は商店街や福祉施設などに
「入れ歯回収ボックス」 の設置をお願いして回っていて、徐々に協力してくれる所も増え、マリの子どもたちが新鮮な水を安心して飲めることを夢見て頑張っています!


同法人は全国の皆様からも使わなくなった入れ歯を集めています。
「不要入れ歯回収」 にご協力される方は、不要になった入れ歯を熱湯消毒して新聞紙に包み、ビニール袋に入れ封筒で、
   
〒540-0038
   大阪市中央区内淡路町1丁目4−8−102

までお送り下さい。ご不明な点は
0120-936-108 
「不要入れ歯回収サービスセンター」までお問い合わせ下さい。

  

歯と体が喜ぶカルシウムたっぷりの健康お料理レシピ
なすのチーズ焼き
<材料(2人分)>
なす
2本
小さじ1/6
こしょう 少量
玉ねぎ 20g
ピザソース 大さじ2
とろけるチーズ 40g
パセリ(みじん切り)・油 各適量
 <作り方(所要時間約分)>
  1. なすはへたを切り除き、縦に 7mm厚さに切り、水につけてアクを除く。水けをふき、塩とこしょうをふる。 
  2. 玉ねぎは薄切りにする。
  3. 天板になすを並べ、はけで油を薄く塗り、ピザソース、玉ねぎ、チーズをのせて220度のオーブンで 約10分焼く。
  4. 皿に盛り、パセリのみじん切りを散らして完成です。
     
 <1人分の栄養>
カルシウム161r エネルギー137kcal 塩分1.1g

>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.