さんたんだ歯科医院
おもしろ歯科情報
宇宙飛行士が
  “むし歯”になってしまったら…

野口聡一さん、山崎直子さん、毛利衛さん、向井千秋さんと言えば
「日本人宇宙飛行士」ですよね。

ところで、
宇宙へ行くためには “健康な体” 以外にも、 “健康な歯” でなければなりません。 実は、宇宙飛行士として選ばれる基準のひとつに 「むし歯がないこと」 が挙げられています。

しかし、
歯が健康な人でも宇宙空間ではむし歯になりやすいそうです。その原因として、
  1.宇宙食はやわらかく歯にくっつきやすいこと。
  2.無重力状態では□の中の唾液も浮いてしまい、地上と違ってむし歯菌が
    唾液で洗い流されないこと
が理由のようです。

では、
宇宙で突然、歯が痛くなったらどうするのでしょう…?

     実は宇宙では
“気圧” の関係で地上よりも歯が痛みます。 もちろん、
    痛くなると痛み止めを飲みますが、
どうしても我慢できない場合は、ほかの
    宇宙飛行士がむし歯を抜く
そうです。
     
(宇宙飛行士の訓練の中には歯を抜くための訓練もあるようです)

     ですから、
宇宙飛行士はむし歯にならないよう、スペースシャトル内
    でもしっかり歯のケア
を行っています。

21世紀、いよいよ宇宙への旅が現実のものになりつつありますが、
「将来、宇宙旅行に行ってみたい!」 と考えている人は、
宇宙で仲間の荒療治を受けないためにも、いつも歯とお□のケアを心がけておきましょう!
歯と体が喜ぶカルシウムたっぷりの健康お料理レシピ
丸ごとかぶグラタン
<材料(2人分)>
かぶ 2個
とろけるチーズ 50g
合びき肉……………30g
塩・こしょう……各少々
パン粉…………大さじ2
 <作り方(所要時間約分)>
  1.  かぶの根と葉を切り分け、それぞれをラップで包み、電子レンジで根は 2〜3分、葉は1分ほど加熱する。
  2. @のかぶの根の上部を切り取り、もう一方の下部の中をスプーンなどで器状にくり抜く。 くり抜いた中身はとっておく。
  3. Aのくり抜いた中身とAをしっかりまぜ合わせ、器状にしたかぶの下部の中に入れ、その上にとろけるチーズをのせる。
  4. Bとかぶの上部を耐熱皿にのせ、200℃のオーブンで10〜15分焼いてお皿に盛りつけ、最後に@のかぶの葉を添えて完成です。
     
 <1人分の栄養>
  ・エネルギー……145kcal
  ・カルシウム……258mg
  ・ビタミンK…… 103μg
  ・塩分………………1.2g

>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.