さんたんだ歯科医院
えー!ホント?「歯」と「お口」のトリビア
イカ墨が歯の検査に役立つ!?

突然ですが、皆さんは「イカ墨のスパゲッティ」はお好きですか?
食後、口に中が真っ黒になって困ったという人もいるかもしれませんね。
そんな
イカ墨が、なんと歯周病検査に利用されるかもしれないそうです。
これは
イカ墨に含まれている光を吸収する粒子を活用したもので、アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究グループが開発しました。
検査では、イカ墨・水・トウモロコシのデンプンで作った液体を使います。
この液体で口をゆすぐと、
イカ墨の微小な粒子が歯周ポケットに入り込み、光を当てることで歯周ポケットの深さをチェックできるそうです。
通常、検査は歯周ポケットに先のとがった器具を入れて行いますが、
イカ墨を使う方法では、より客観的なデータが測定でき、検査時の痛みや不快感も軽減できるとのこと。

まだ実用化には至っていませんが、近い将来、こんな検査が実現するかもしれませんよ。

食べて元気!歯とお口の健康応援レシピ
味噌味の五目炒め
<材料(2人分)>
きくらげ(乾燥 10g
豚こま切れ肉 100g
にんじん 80g
玉ねぎ 1個
 ピーマン  2個
 味噌・みりん・サラダ油 各大さじ1 
 <作り方(所要時間約分)>
  1. きくらげは水で戻し、細切りにする。豚こま切れ肉は食べやすく切る。にんじんは薄切り、玉ねぎ・ピーマンはくし型切りにする。味噌とみりんは混ぜておく。
  2. フライパンにサラダ油をしいて中火にかけ、きくらげ・豚こま切れ肉・にんじん・玉ねぎを入れて炒める。
  3. 玉ねぎが半透明になったらピーマンを加え、すべての材料に火が通ったら味噌とみりんを混ぜたものを加え、汁気がなくなったら火を止めて皿に盛る。

 <ワンポイント>
   
 ビタミンDは、不足しがちなカルシウムの吸収
    促し、
歯を丈夫にする働きがあります、今回は、
    ビタミンDが豊富なきくらげを使い、さまざまな食
    材の食感も楽しめるレシピにしました。
    野菜の歯ごたえが残るように炒めると、自然と噛
    む回数がアップして、お口の健康づくりにも役立
    ちます。


 <1人分の栄養>

   ・エネルギー・・・・・・256kcal
   ・塩分・・・・・・1.2g


>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.