さんたんだ歯科医院
えー!ホント?「歯」と「お口」のトリビア
間違ったケアで
「歯ブラシ」が雑菌だらけに?

皆さんは、毎日使用している歯ブラシをどのように管理していますか?
   
「使用後はコップの中の水で洗う」
   「洗面台の鏡の裏の棚にしまう」
   「使用後、歯ブラシにキャップをつけている」・・・

どれもよくあるケアの方法ですが、これでは歯ブラシが雑菌だらけになってしまうかもしれません。

使用後の歯ブラシには歯みがき粉、食べカス、歯垢(プラーク)、雑菌などが付着していて、軽くゆすいだだけでは落ちません。それを棚の中やキャップをして保管し、湿った状態が続くと、雑菌は爆発的に増殖します。

歯ブラシの正しい使用後のケアは、
ブラシ部分を指でこすりながら流水化で洗い、風通しの良い場所において乾燥させることです。
朝に使った歯ブラシが昼に使う時には乾燥している、という状態が理想的です。

歯ブラシはお口の中に入れるものですから、正しいケアで気持ちよく使いたいものですね!

食べて元気!歯とお口の健康応援レシピ
玄米ジャンバラヤ
<材料(2人分)>
玄米 1合
鶏もも肉 100g
ウインナソーセージ 3本
にんにく 1かけ
 玉ねぎ  1/4個
 セロリ  1/2本
 トマト・赤パプリカ  1/2個
 ピーマン 2個 
 オリーブオイル 大さじ2 
 水………………200cc
 クミンパウダー………小さじ1
 チリパウダー……小さじ1/2
 塩………………小さじ1/4
 こしょう………………少々
 <作り方(所要時間約分)>
  1. 玄米は洗ってざるにあげておく。鶏もも肉は1cm角に切る。ウインナーソーセージは薄切りにする。にんにく・玉ねぎ・セロリは粗みじん切りにする。トマト・赤パプリカ・ピーマンは1〜2cm角に切る。
  2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて中火にかけ、にんにくの香りが立ったら、玉ねぎ・鶏もも肉・ウインナーソーセージを加えて炒める。火が通ったら玄米・セロリ・トマト・Aを加えて混ぜ、火を強める。
  3. 煮立ったら、弱火〜中火にし、赤パプリカとピーマンをのせてふたをし、ふきこぼれないように火加減しながら30分ほど蒸し焼きにする。玄米に火が通ったら火を止めて皿に盛る。

 <噛むかむワンポイント>
   
 口内炎の予防・改善には、代謝に役立つ
    ビタミンB群をきちんと摂取
しましょう。
    玄米には精白米にはない胚芽があるため、
    
ビタミンB1が摂取できます。また、鶏もも肉
    や豚肉を原料とするウインナーソーセージ
    にもビタミンB群が含まれています。
    なお、もしスパイス類がない時は、カレー粉
    で代用もできますよ。


 <1人分の栄養>

  ・エネルギー・・・・・・628kcal
  ・塩分・・・・・・1.5g


>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.