さんたんだ歯科医院
えー!ホント?「歯」と「お口」のトリビア
「白米を噛む回数は
      1口10回未満?」

皆さんは白米を食べる時、何回くらい噛んでいますか?
これについて、
インターネットリサーチを手掛けるNEXER(本社/東京都)と、電動歯ブラシを開発・販売するDentaluxe(本社/東京都)が共同で男女991人に対して行ったアンケートによると、
   白米を食べる時に
1口30回以上噛んでいる人はわずか6.7%で、
   
半数以上の人は1口10回未満のようでした。

また、食事中に
よく噛むこと
   
意識している人38.3%
   
意識していない人は61.7%
という結果だったそうです。

「1口30回噛みましょう」とよく言われますが、しっかりよく噛むと、唾液の分泌が促されるという効果があります。唾液には歯に付着した食べカスを洗い流したり、初期むし歯や口臭を予防したりする働きがあるため、お口の健康の要になります。

皆さんも、ぜひ食事のタイミングでご自身が白米を1口何回噛んでいるか数えてみてはいかがでしょうか?


食べて元気!歯とお口の健康応援レシピ
ビタミンDで丈夫な歯をつくる!
鮭の白和え
<材料(2人分)>
紅鮭(甘塩) 1切れ
木綿豆腐 100g
しその葉 3枚
砂糖 小さじ1
白ごまペースト 大さじ1
 <作り方(所要時間約分)>
  1. 紅鮭は焼いて皮と骨を除いてほぐす。木綿豆腐は水切りする。しその葉はせん切りにする。
  2. すり鉢に、木綿豆腐・砂糖・白ごまペーストを入れ、すりこぎでなめらかになるまで混ぜる(なければボウルで混ぜるだけでも可)。
  3. Aに紅鮭としその葉を加え、器に盛る


 <噛むかむワンポイント>
   
 ビタミンDは、カルシウムの吸収に関係の
   ある栄養素
で、歯や骨の健康づくりに欠かせ
   ません。
    近年の研究では、
免疫系を正常に働かせる
   ためにも必要な成分
であることがわかってきま
   した。
    今回はビタミンDが多く含まれている紅鮭を使
   ったレシピですが、中でも最初から塩味のつい
   ている紅鮭を用いると、塩味の調味料が不要の
   ため、塩分をぐっと控えることができます。


 <1人分の栄養>

  ・エネルギー・・・・・・163kcal
  ・塩分・・・・・・0.7g
  ・ビタミンD・・・・・・8.1μg



>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.