さんたんだ歯科医院
えー!ホント?「歯」と「お口」のトリビア
早寝早起きは
 子どものむし歯予防になる?

夜型の生活をおくる子どもはむし歯になるリスクが高いという調査結果が明らかになりました。

これは、
北海道大学大学院歯学研究科と北海道医療大学リハビリテーション科学部の調査によるものです。16歳以下の子どもを対象に生活習慣とむし歯の本数を調べたところ、夕食や就寝の時刻が遅くて不規則だった子どもは、むし歯が多いことがわかりました。夜型の生活になると食事を摂ってからすぐに寝ることも多く、中には歯磨きをしないまま寝てしまう子どももいたようです。

ちなみに、
就寝中は唾液の分泌量が減少するため、寝る前の歯みがきは一日の中で最も大切です。
裏を返せば、決まった時刻に食事をして、早寝早起きの朝型の生活習慣がある子どもはむし歯が少ないと言えるでしょう。
また、
低年齢のお子さんほど、夜型の生活の影響を受けやすいので、特に小さなお子さんほど規則正しい生活を心がけてあげましょう。

 

食べて元気!歯とお口の健康応援レシピ
カルシウムで歯の健康を守る
あっさりミルクスープ
<材料(2人分)>
牛乳・水 各200cc
塩鮭 1切れ(80g)
ほうれんそう 1/2束(100g)
たまねぎ 1/4個
 <作り方(所要時間約分)>
  1. 塩鮭は皮と骨を除いて1〜2cm角に切る。ほうれんそうはゆでる。たまねぎはすりおろす。
  2. 鍋に水、すりおろしたたまねぎ、塩鮭を入れ、中火で煮る。
  3. 煮立ったらほうれんそうと牛乳を入れ、ひと煮立ちさせたら器に盛る。

 <噛むかむワンポイント>
   
 牛乳には骨や歯の成分となるカルシウムが
    豊富
です。
    カルシウムは
ビタミンDやビタミンKが豊富な
    ほうれんそう
を具材にしたミルクスープにしま
    した。
    塩鮭の塩加減が足りない場合は塩を加え、味を
    調整してください。


 <1人分の栄養>

  ・エネルギー・・・・・・168kcal
  ・塩分・・・・・・0.8g
  ・カルシウム・・・・・・149mg


>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.