さんたんだ歯科医院
えー!ホント?「歯」と「お口」のトリビア
“ほうれい線”を目立たなくするマッサージ

年齢を重ねると気になってくる“ほうれい線”は、筋肉の低下や肌のたるみが原因です。
今回は、
硬くなった筋肉をほぐして、ほうれい線を目立たなくするマッサージをご紹介します。

☆☆☆やり方☆☆☆

   @手を清潔にして、右手の親指を口の中に入れ、その親指と人差し指を使って、
    左側の口の角の延長線上とほうれい線がぶつかるところをつかみます。

   A筋肉が硬くコリッとしこりのように感じる場所を見つけたら、円を描くように1分
    くらいもみほぐしてください。
    反対側のほうれい線も同様に行います。1日1〜2回程度行うと効果的です。


 

食べて元気!歯とお口の健康応援レシピ
ビタミンB群で口内炎を解消
   
ミルフィーユカツ
<材料(2人分)>
豚もも薄切り肉 6枚
とろけるチーズ 30g
1個
薄力粉 大さじ2
パン粉・揚げ油・とんかつソース・
キャベツ・ミニトマト
各適量
 <作り方(所要時間約分)>
  1. 豚もも薄切り肉を広げ、とろけるチーズをまんべんなくのせて肉を重ね、さらにとろけるチーズをのせて肉を重ねていく。
  2. 卵を溶きほぐして薄力粉と混ぜ、@をくぐらせてパン粉をつける。
  3. Aを180℃の油で揚げて完成です。千切りキャベツとミニトマトを一緒に器に盛りつけましょう。

 <噛むかむワンポイント>
   
豚肉は皮膚の健康に欠かせないビタミンB群
   多く、口内炎の解消に役立ちます。
   今回のレシピではチーズをはさみましたが、
はさ
   む食材を野菜にするとカロリーオフ
することもでき
   ます。
   とんかつ用の肉に比べるとやわらかく仕上がるの
   もミルフィーユカツの特徴で、お手頃な価格のもも
   肉も美味しくいただけます。


 <1人分の栄養>

  ・エネルギー・・・・・・389kcal
  ・塩分・・・・・・12g
  ・ビタミンB2・・・・・・0.36mg


>> おもしろ歯科情報に戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.