さんたんだ歯科医院
防災の日

9月1日の「防災の日」は、1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて1960年(昭和35年)に制定されたものです。実際、制定の前年には伊勢湾台風が襲来しています。暦の上では立春から数えて210日目を特に「二百十日」と呼びますが、ちょうど稲の開花期に台風が来たり強風が吹き荒れることに注意を促したしきたりと言えます。

テレビ、新聞などで各地の
防災訓練の報道を目にすることも多いこの時期に、皆さんの家庭でも災害対策チェック事項を再確認してみてはいかがでしょうか?

@ 避難場所までシミュレーション
 地区別に指定されている
避難場所を家族で確認し、もし家族が離れてしまったときのために集合場所や緊急連絡先を決めておくことも大事です。

A あると便利な防災グッズ
 非常事態に備えて
非常持ち出し袋を用意して、一人で持ち出せる 最低限のものを、最低でも年に一度は中身の確認をして電池や水、 缶詰などは新しいものに交換しておくことが重 要です。

B 部屋の点検
 地震に備えて、家具の転倒防止対策も考えましよう。特に寝たき りの高齢者がいらっしゃるお部屋は要注意で、ガラスのついた食器 棚などは
飛散防止フィルムを張ると事故の予防になります。

とにかく災害は突然やってきます。その時にパニックにならないよう家族全員で防災について話し合い、確認しあう、一人一人の意識付けが大事だと思います。

我が家もしっかり考えてみようと思います!
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.