さんたんだ歯科医院
AEDについてのお話

AED…皆様はお聞きになったことがあるでしようか? 

Automated External Defibrillator : 自動体外式除細動器
ちょっと難しいですが、心臓の
心室細動の際に電気ショックを与え(電気的除細動)、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器です。

かつては医師しか使用が認められていませんでしたが、現在では空港、飛行機内、ホテル、駅などに広く設置され、その場に居合わせた人が自由に使えるようになっています。

日本で、一般市民がAEDを使用できるようになった背景には
アメリカ心臓協会(AHA)が中心となって策定した救急蘇生国際ガイドラインによりAEDの高い有効性が実証されたことにあわせて、2002年に高円宮憲仁親王がスポーツ活動中の心室細動により急逝したことの影響も大きいとされています。

今回、
当院にもこの機器が設置されたため、今回は堅いお話をさせてもらっています。

設置にあたり私も
AHA公認のコースを受講して一次救命処置(BLS)の研修を受け、ヘルスケアプロバイダーの資格をとってきました。ここでは、あらゆる年代の傷病者に対する心肺蘇生、AEDの使用法、窒息の解除法を学び、その知識と手技を人命救助に役立てることができます。

しかしながら、一人でできることには限界があり、要救助者がいて、周りにも人がいる場合には、
協力を得て救急の通報をしながらの救命が原則になります。

皆様も今後はどんなところに
AEDが置いてあるか気にしながら、できればいざというときに使用できるようになっていただければ幸いです。       (院長)

>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.