さんたんだ歯科医院
新・診療ユニット設置  (^_^)v

昨年末、診療台の造設を完了しました。
すでにご来院されている方はご存知のことと思いますが、
診療室に入って一つ目のブースに設置されています‥・まだ座られていない方も大勢いらっしゃるし、後ろ(背板)向きなので若干わかりにくいかもしれません‥・なので紹介させてください。

潟c潟^製作所の
『スペースライン イムシア タイプV FTタイプ』 という機種で、種類としては他のブースに入っている台と同じものですが、今回はいろいろ考えて足折れタイプのものを導入してみました。

小児から高齢の方まで
“やさしく包み込む安心感” で、快適な治療が受けられる心遣いをしているというのが売りです。

乗り降りは
フットステップで、スムーズに行え、ステップ下部にはセンサーシートがあり、台の下降時の安全を確保しています。 右手側アームレストは90度上方に動かせ邪魔にならず、うがいなどの場合でも体を安定させることができます。 ヘッドレストは角度だけでなく身長や首の長さに合わせることができ最適な頭部ポジションで診療できます。

術者側としては、リクライニングの角度を記憶させることができ、
スイッチ1つで患者さまを診療位置に倒すことができたり、万が一機械の暴走などがあった場合の緊急停止スイッチが設定してあったり、また手足や物などが挟まった場合のオートストップ機構など、医療安全の面からも、これまでの診療台と比べると進化が見られます。

本当はすべてを同時に入れ替えられれば良いのですが、コスト的なところからそうもいかず(国産高級車並みなので)…

また、各ブースには
“モニター” が設置され動画や写真を使った説明ができるようになりました。まだ試行錯誤ですが、今後に期待してください。  

開院15周年に向けて様々な機械を導入しましたので、次号以降でまた紹介させていただこうと考えています。  (院長)

>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.