さんたんだ歯科医院
喫煙のちょっと怖い話

最近はいろんな薬の副作用が問題になり、患者さまからの質問も多くなっています.
自分が飲んでいる
薬の効果や副作用について知っておくことが大切です。

ところで、もしも次のような説明を受けたらどうされますか? 

 「 この薬の効果は○×△ですが、
副作用としては、  
     @
肺がんにかかる率が 7倍になります。
     A
喉頭(のど)がんは 33倍
     B
心筋梗塞には 3倍かかりやすく
     C
歯周病には 5倍・・・
 
寿命が約10年、歯の寿命も約10年短くなります。 」 

あなたはこんな薬を飲みますか? 

実はこれは
タバコのことです。(1日20本以上吸う人の危険率データ)

タバコは非常に有害な薬物であり、吸っている本人だけでなく、周囲の人たちの体にも悪影響を及ぼします。
夫がタバコを吸う場合、妻の肺がん死亡率は2倍になります。
また、
タバコの煙は胎児の異常や、子どものぜんそくなど呼吸器病の他、最近問題になっている乳幼児突然死症候群を引き起こします。

妊婦さんや子どもの前では絶対に吸わないようにしましよう。

                          ≪雑誌:「タバコをやめよう」から引用≫
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.