さんたんだ歯科医院
富士登山

お盆休みを利用して富士山に登山に行ってきました。

富士山といえば雪をまとった姿を想像する方がほとんどだと思います。日本で一番高い3776mの富士山では、
山頂の平均気温がプラスになり、天候が安定するのは7〜8月だけです。そのため、一般の登山者が快適に登山できるのはこの2ヶ月に限られてしまいます。今回参加したのはバスでのツアーで、広島からは約40人、さまざまな年代の方がおられました。

夜8時に広島駅を出発し、ほとんど渋滞することなく翌朝8時30分に
標高2300mの富士山五合目に到着。ガイドさんによると高山病の対策として、この五合目でしっかり体を慣らすことが大切だそうです。
軽く食事をしてから11時に五合目を出発。
八合目(3100m)にある山小屋を目指し、高山病にならないよう注意し、時間をかけて登りました。山小屋に到着したのが午後4時くらいで、そこですぐに食事(カレーライス)が出され、早めの夕食です。

登山ではほとんど疲れることがなかったのですが、山小屋についてからが大変でした。
「午後4時から11時まで寝てください」と・・・。夕方から寝ることもできず、混み合う時期なのでタタミ一畳あたりに2人が寝袋で横になって、ただ時間が過ぎるのを待つような状態でした。

やっと時間になり
御来光を見るために、午後11時に八合目の山小屋を出発。
非常に寒いので防寒着を着て
標高差600mを登るのですが登山道は大渋滞。2〜3歩進んでは止まる状態が続きましたが午前4時40分無事に山頂に到着。3日ほど前には台風が通過していたのですが、その日は天気も良く、到着から20分ほど待ち、御来光を見ることができました。

御来光の瞬間山頂は大きな拍手と歓声が沸き起こりました。とても感動的で、雲海もすごい迫力です。

機会があればぜひ一度、登ってみてください!!         (花野)
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.