さんたんだ歯科医院
スポーツ歯科
       ・ マウスガード


「スポーツ歯科」 とは、歯科領域からスポーツを支援する学問と技術のことです。
具体的には次の3つの目的を持っています。

   
(1)国民の健康寿命の延伸やQOLの向上に寄与すること。
   (2)顎顔面・口腔外傷などの安全と安全意識の向上に寄与すること。
   (3)スポーツ競技力の維持・向上に寄与すること。


基本的には、
学校教育、生涯スポーツ並びに競技スポーツの3つの領域が対象となります。

この中で、特に
(2)の安全については 「マウスガード」 が有効とされています。
マウスピース、マウスプロテクターとも呼ばれ、歯および周囲組織を保護し、スポーツや格闘技での口腔内外の外傷を減少させるための弾性のある口腔装置のことを言います。

その
効果としては、
  
@外傷の予防、
  A脳震盪の予防、軽減、
  B運動能力の向上

の3つのことが考えられます。

ボクシング、アメリカンフットボール、キックボクシング、女子ラクロス、インラインホッケーなどでは
競技中の装着が義務付け、また空手やラグビーでは一部が義務付けられていますが、その他のスポーツでも激しいコンタクトが予測できる場合は適しているといえます。

マウスガードには、マウスフォームドタイプ(既成・市販)のものと、カスタムメイドタイプ(歯科医院で特注するもの)があり、それぞれの特徴を比べてみると・・・

 マウスフォームドタイプ
選手自身が使用説明書を見ながら作る
ため、適切な形態を付与することが困難で口を開けるとすぐに落ちてしまったり、気持ちが悪くて話ができないなど、様々な問題が起こります。また不適切なものを使用することで、かみ合わせの狂いや、顎の痛みが出たりすることもあります。

 
カスタムメイドタイプ
歯科医が製作
するので、選手個人の口の中の状態にあったものを作ることができます。
そのフイット感、快適性、全体的な品質が優れており、安定性や会話、呼吸への影響も最低限に抑えられます。

マウスガードにご興味のある方は、歯科医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

   ≪ 費用は、通常のカスタムメイドタイプ(廉価版)のもので、5,000円、 
   保険外治療となりますが、やはり基本的なお口の中の治療が優先となります。 ≫



>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.