さんたんだ歯科医院
家庭でできる
      攻めのむし歯予防!


一般的な歯みがき剤にどのような成分が入っているかご存知ですか?

  
研磨剤 歯の表面を傷つけずにプラークや着色を落とし、ツルツルにして汚れの
        再付着を防いで、本来の白さを保つ
  
・発泡剤 歯みがき剤の成分を口の中に効率よく拡げ、汚れを浮き上がらせて除去
        しやすくする
  
薬用成分 フッ素や殺菌剤など、歯みがき剤の目的に合わせて効果を高める有効
          成分が配合
  
湿潤剤 歯ブラシにつけやすく口の中で拡がりやすいように、歯みがき剤を水分を
        保持したペースト状にする
  
粘結剤 研磨剤や薬用成分などの分離を防ぎ、使いやすいペースト状にまとめる
  
香味剤 使いやすい味にし、使用後の爽快感を演出
  
保存料 歯みがき剤の変質を防ぐ

こうした成分は
薬事法によって厳密に規制されており、パッケージヘの成分表示が義務付けられているので、今度ぜひ、お使いのものの表示を確認してみてください。

予防先進国では、フッ素歯みがき剤にはもちろん、水道水錠剤による摂取が可能で、むし歯予防に盛んに利用されていますが、日本では目下のところ歯科医院以外では、歯みがき剤を使うフッ素利用が最も一般的に行われています。

薬用成分としての
フッ素には、歯質強化の効果が高まるようイオン化しやすくするなど、徹底的に工夫が加えられています。

そこで、今回紹介するのは、
フッ化第一スズ(970ppm)入り “ホームジェル” です。 歯質を強くするだけでなく、スズイオンの殺菌効果も期待でき、研磨剤、発泡剤は無配合のため、うがいは不要で、フッ素が長くお口の中にとどまって、効果が持続します。

フッ化第一スズは、体に蓄積されず排出され、ホームジェル1回分のフッ素の量は、日本人が1日の食事でとるフッ素の10分の1なので、安心して毎日使えます。

フレーバーは6種
   【 ノーフレイバー 】、【 ミント 】、【 グレープ 】
   【 オレンジ 】、【 バブルガム 】、【 レッドベリー 】
  内容量は 56.6g、750円。 いかがでしょう?

効果的な使い方は、
  @いつものように歯みがき 
  Aホームジェルを歯ブラシにつけ軽く磨く 
  B軽く吐き出す程度でうがいはしない。
 
就寝前の歯みがき後の使用が特におすすめです!

歯科医院で行うフッ素塗布に使用する濃度
9000ppm定期検診も含め、家庭で応用するものと併用するのが理想的と言えます。
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.