さんたんだ歯科医院
宇治・平等院 散策

5月連休に、車で京都1泊旅行に行ってきました。
朝5時出発、残念ながら予定通り
渋滞にはまり、現地に到着したのは11時半、散策開始の前に昼食をとることにして、宇治橋を渡って今回の目玉の―つでもある、8代読く老舗の茶屋 「伊藤久右衛門本店」 で、茶そばとスイーツをいただきました。

散策の始まりは、
本殿が現存する日本最古の神社建築で、世界遺産にもなっている寝殿造り 「宇治上神社」
下手の
「宇治神社」 を拝観した後、朝霧橋を渡り、いざ「平等院」へ!

「平等院」
言わずと知れた
十円玉の表にデザインされた世界遺産の鳳凰堂があるのがここ。
中学・高校の修学旅行で来た時以来です。

藤原氏ゆかりの寺院で平安時代後期、11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、伽藍を背景にした浄土式庭園は、極楽浄土を表したものと言われます。本尊は阿弥陀如来、開基は藤原頼通、開山は明尊ですが、現在は特定の宗派に属さず単立の仏教寺院となっています。

さて、私が昔来た時と変っていたのは・・・
2001年にそれまでの 「宝物館」 に代わりオープンした

「平等院ミュージアム凰翔館」
でした。庭園の発掘調査・復元・鳳凰堂内装飾のコンピューターグラフィックスによる再現などが行われ、外観も芸術的なものです。

その中で、今回特に気になったものをご紹介します。
「雲中供養菩薩像52躯」 これは鳳凰堂内の壁を飾る浮彫の菩薩像で、飛雲に乗り阿弥陀如来とともに来迎する菩薩像を表したもので、各像のポーズは変化に富み、楽器を奏する像が27体、合掌、舞踊など様々な体を幻想的に表していました。

翌日は京都市内で、
嵐山散策、仁和寺、竜安寺などを拝観し、帰って参りました。
また訪れたい京都です
.
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.