さんたんだ歯科医院
上野動物園 パンダ

先日の、東京行きの折、
空いた時間を使って、
上野動物園に行ってきました。

目的は
「パンダ」
生で見るのは初めてだったので、少し興奮です。思えば、
1972年に初めて日本に来た 「カンカン・ランラン」 以来、40年近くが経っています。当時は連日長蛇の列で、パンダ舎に入るのに、1,2時間待ちは当たり前の状態だったと聞きます。なんとなく機会がなくて足を運ぶことがなく、いつかは…と思っていたので、ラッキーでした。

電車を
上野駅で下り、上野公園内を歩いて向かいましたが、
広島の市内にはないゆったりとした雰囲気です。都会の街の中の緑というのはいいものです。ついでに?
スカイツリーも見えましたよ。
門をくぐると、パンダ舎はすぐ右手にあります。たまたま待っている人のいない時間で、すぐに入ることができ、ガラス越しではありますが、ゆっくり見ることができました。やっぱりかわいいですね〜。
愛嬌があって、仕草がすべてかわいい! 丸々して体を揺らしながら歩き、座っているだけでも“ぬいぐるみ”のようで、つついたり、なでたりしたくなります。
なんで白黒なんでしょうね? このツートンカラーでなければ、こんなに人気者ではなかったのではないでしょうか?


オスのリーリーとメスのシンシン
、5月5日時点で、6歳、139.2kgと122.6kg、
離れて見ているよりずっと大きいのが実際です。
上野動物園では9歳〜27歳までの飼育例があるようです。
いつまでも見に来る人たちを幸せな気持ちにさせてくれる存在であってほしいですね!

最近は、自然な状態の動物たちを観れるような工夫がされているので大人でも十分楽しめます。今回は半分くらいしか回れませんでしたが、今度来るときには、もっとゆっくりじっくり訪れたいものです。



>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.