さんたんだ歯科医院
新年会
 〜広島アンデルセンにて


今年の立春は2月4日。
立春といえば“春”という字が含まれているので、穏やかな日々をイメージしがちですが、 正確には春が立つという意味で、立春を迎えた頃から気温の低さは底を過ぎ、徐々に春めいた気温や天気に変わっていくという意味があるそうです。

先月はスタッフ全員で
安芸歯科医師会の新年家族会に参加してきました。
開催場所は
「広島アンデルセン」。、アンデルセンといえば、元々は銀行だった建物(被爆建物)を買い取り、1967年にオープンし、実はこの時、パンのセルフサービス販売が日本で初めて導入されたそうです。パンといえば石窯ですが、この大きさも外径4.5m、内径3.5mと日本最大級なのです。そんな歴史ある場所で食事をしながら、今回はフルートの生演奏まで聴くことができました。

抽選くじ引きイベントもあり、1等から60等までの豪華賞品満載の中、私たちは4人も賞品を引き当て、新年早々縁起の良いスタートができました。帰り際にもアンデルセンならではのお土産もいただき、大満足のパーティーでした。

食事会の後は女子会(笑)
女子メンバーだけでボーリングへ。久しぶりに体を動かして、少しは日頃の運動不足の解消にもなったかもしれません。その前にはたくさん食べているので、減量にはなりませんが。

1月17日でこの場所での営業が最後になるアンデルセンで、記念となる楽しいイベントができ、広島人としてもとても幸せでした。
私たちもチームワークを大切に精一杯頑張って参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
(スタッフ:大川)
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.