さんたんだ歯科医院
山の日<大山登山>

今年から8月11日は『山の日』として国民の祝日が増えます。
7月の
「海の日」と同じく自然に親しむ祝日で「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨があるそうです。

趣旨の通り山に親しもうと、
鳥取県の大山に登山に行ってきました。
標高は1,729mの休火山で
中国地方の最高峰日本百名山にも選ばれており、なだらかな傾斜とその山容から伯耆富士(ほうきふじ)とも呼ばれ地域住民からも親しまれています。

標高が高い山ですが、夏場に登るのは暑く、熱中症の心配もあるので、今回は夜間に登り、
ご来光を拝む予定で出発。広島を22時に出て大山夏山登山道入り口に夜中の2時に到着。準備をしてヘッドライトを付けて登り始めました。
夜間であっても登り始めると蒸し暑いので、水分を十分摂取しながら、ゆっくり登りましたが、
大山は階段のような段差が8合目くらいまで続くのでかなり疲れますが、この日は天気も良く、星がきれいに見え、癒されました。

約3時間かけて山頂に到着。想像していたよりも山頂は寒く、気温は15℃くらい、防寒具を着ないと長時間滞在できないほどでした。同じ目的で登っている方も多く、すでに30人ほどがご来光を待っており、この日は5時ちょっと過ぎくらいに雲海から出てくるご来光を拝むことができました。
太陽が出てくる瞬間はやはり美しいですね。

山小屋で少し休憩して、あとはひたすら階段を下ります。
下山後は大山から近い
皆生温泉で入浴、境港で海鮮三昧のを朝ごはんをいただき、疲れをとりました。数日間、筋肉痛にはなりますが、とてもいい経験ができ、山を楽しむことができた1日でした。
                                        (歯科医師:花野)
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.