さんたんだ歯科医院
マリホ水族館

西区観音新町のマリーナホップに新しく水族館ができたということで、行ってみましたよ。

マリーナホップといえば2005年にアウトレットモールとしてオープンしたものの、2008年に経営破綻。現在は第一ビルサービスに経営が変わっています。
ちなみに正式名称も開店当初の「広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップ」から

「ココだけモール 広島マリーナホップ」
になっています。
他の施設にはない特徴として、中を歩くとわかるのですが、
ペット連れにやさしい施設になっていて、ペット同伴で入れるようにもなっています。動物病院(ハーバー動物病院)も併設しています。

この施設内に6月24日、
マリホ水族館がオープンしました。
以前はアルパークにアーチ形水槽の水族館があった(1988年には閉鎖)のですが、実は、
広島市内には水族館はありません。ロケーションとしては非常に良い場所、ドライブがてら、ちょっと海を見たくなったついでに、と楽しみはありそうです。

パンフレットには
“生きている『水塊』”とあり、興味を惹かれます。プロヂューサーはあの有名な「中村 元」氏で、日本各地で水族館の開業・リニューアルを手掛けていて、いずれも高い評価を受けています。
さて中はどうなのでしょう?
エントランスには
熱帯魚のいる水槽、進んでいくと輝くサンゴの海にたくさんの魚たち、クラゲのホールやイワシの群れの水槽、渓流の再現等もあり、なかなか楽しめます。ただし、宮島の規模を期待したらダメですよ。あくまで、近場でふんわり楽しむ感じで訪れてみてください。
大人900円、小中高生500円、幼児(3歳以上)300円、2回行くと元が取れる「年間パスポート」も発行されていますので、よく行かれる方はぜひ!   (院長)
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.