さんたんだ歯科医院
やなせたかし展

皆様、先の豪雨での影響は大丈夫でしたか。
晴天時の榎川の氾濫には本当に驚きましたね。
先日川の横を通ってみましたが、
まだ大量の土砂で川底が見えない状態です。引き続き警戒が必要なのだと、改めて感じました。
被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。

まだまだ暑い中ですが、復興に向けてできることを自分なりに考え行動していきたいと思います。

おたよりのネタ探しと言っては失礼にあたるかもしれませんが、先日

広島美術館で開催中の【やなせたかし展】
に行ってきました。
やなせたかしさんといえば、やはりまずアンパンマンです。
ヒーローの代表的存在。
明るく、可愛らしいアニメキャラ
ですが、やなせさんは物語を書く当初で本当の正義とは何か?ということを大切にしていたと語っています。自身が戦争を体験し、家族を失ってから、正義とは何かを犠牲にしなければいけない、何か身を削らなければならない、という考えを持ち、それはアニメの中でよく見る「頭を分けて食べさせてあげる」という表現に繋がっているそうです。
今でこそお馴染みのシーンですが、描き始めた当初は
頭を分ける表現に大人の読者から批判があったそうです。しかし、そんな批判の中で分かりやすく困っている人に手を差し伸べる姿勢は子供達からは大反響だったそうで、図書館などでも借りられなくなるほど人気が出たそうです。

展示会ではアンパンマンだけでなく、
他の物語についてもどんなテーマなのかが実際のやなせさんの言葉と一緒に展示されています。絵本の中で語られることが、どれほど意味を持っているのか、もう一度今まで見てきた絵本を読み返すのもいいかもしれないです。
                                  (歯科衛生士:三反田)
>> さんさんだよりに戻る  >> トップページに戻る
さんたんだ歯科医院
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.