キシリトールで虫歯予防!
虫歯予防の効果があるといわれているものに、「キシリトール」があります。
ガムやキャンディーの甘味料として使用され、TVコマーシャルもさかんに流れていますから、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

キシリトールぱ
“イチゴ”や“すもも”に多<含まれていて、砂糖と並び最も甘さが強い糖質で、日本では1997年に食べ物の中に入れることを許可されました。以来、お菓子や歯みがき剤にも入っていますので、あなたも一度は□にされたことがあるのではないでしょうか。

キシリトールの甘さは、唾液の分泌を良<し、□の中を中性・アルカリ性にしてくれるため、虫歯の原因となる歯垢を減らすことがわかっています。
また、体への安全性も世界公的機関が認めています。

このように、虫歯予防に優れた特質をもつので、同じお菓子ならキシリトール仕様のものが、かしこい選択といえるでしょう。

≪ キシリトール製品のうち、どれを選べばむし歯予防により効果的なのか? ≫

●ガム

唾液を分泌する作用が大きい“ガム”が、他商品より効果的といえます。
キシリトール入りガムは、ご飯を食べた後、歯みがきの前にかむだけで効果があります。

●タブレット

ガムを長時間かむことのできない歯列矯正中の方、幼児、高齢者、入れ歯を使用している方は、長時間“タブレット”を□の中にとどめておくと良いでしょう。

●チョコレート・グミキャンディー

すぐ溶けたり飲み込んでしまったりしてしまいますので、ガムに比べると効果は劣ってしまいます。

キシリトール食品は、特に歯の表面が弱い幼児期や、永久歯に生まれ変わる児童期が有効です。
また、妊婦さんが摂取することにも問題はなく、生まれてくる赤ちゃんへの虫歯菌感染も抑えることができます。

≪ ただし、キシリトールを過信しないで! ≫

このように良いこと尽<めの
キシリトールですが、過信するあまり、本来最も重視すぺきである「歯みがき」をおろそかにしないで下さいね。もし、ガムをかむだけで虫歯予防ができる、進行が抑えられる、という間違った思い入れがあるとしたら問題です。

あくまでキシリトールは、歯みがきにプラスする
「補助的予防法」にすぎないと認識しましょう。









>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.