子どものむし歯は大人がつくる!?
人間の□の中には、むし歯のない人でも多かれ少なかれ 「 むし歯菌 」 が存在します。
          
でも、
むし歯菌の代表格 “ ミュータンス菌 ” は、生まれたての赤ちゃんの□の中には存在しません。 では、いったいどこからやってくるのでしょう?

                                        
実は、
「 むし歯菌は子どもの周囲にいる人たち(主に母親などの保育者)から子どもに感染してしまうのです‥・ 」 と聞くと、びっくりされる方も多いと思いますが、これは事実です。
                                     
知らず知らずのうちにあなたも可愛い我が子、お孫さんにむし歯を作る菌を伝播しているかもしれないのです。

【 感染しやすい時期は、とくに1歳半〜2歳半くらいのお子さまです 】

なぜ?この時期か
というと、ちょうどミルクから離乳食、幼児食へと移る時期だからです。
硬いものを食べさせるときに、日本人は親御さんのお□の中で噛み砕いてから食べさせる習慣があリます。 これが実は、
“ 感染の原因 ” になるのです。

むし歯菌は感染する時期が遅ければ遅いほど、その後のむし歯の本数が少ないというデータがあります。 つまり、むし歯菌の感染を遅らせることで、むし歯になりにくいお□を作ることができるのです。

【それでは、この危ない時期を乗り切るためにはどうすればいいのでしょう?】

まずは口移しで食べ物を与を与えることや、スプーンの共用は避けましょう。

唾液(ツバ)を通じてお母さんのむし歯菌を、ダイレクトに子供の□の中に運んでしまうからです。

では
「 “ チュー ” もダメなの? 」と、ガッカリした方もいらっしゃるのでは?

誰だって可愛い我が子や孫に、チューはしたいもの。
子供とのスキンシップは大切なことですし、子供にとって必要なことです。
                        
もちろん、こういったスキンシップを全て絶てということではないんです。

要は
子供の周囲にいる人たちのお□の中が、常に清潔な状態であれば、チューをしても感染のリスクはぐっと下がります。

当然
治療していないむし歯があると、お□の中はむし歯菌だらけ。そんな状態では、すぐにお子さんやお孫さんにむし歯菌を感染させてしまいます。

感染を防ぐ一番の方法は、子供の周囲にいる人たちが、ご自分のお□をきちんとケアすることなのです。







>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.