たばこと歯周病
たばこの煙には、ニコチン、タール、一酸化炭素、ホルムアルデヒド、シアン化水素など、二百種類以上の有害物質が含まれているのはご存知だと思いますが、それら物質が、肺や心臓に害を与えるのと同様に、歯の周りの組織にも悪い影響を及ぼします。

厚生労働省では、
喫煙習慣は肺がん、気管支炎などとともに“歯周病”をおこす要因であるとも指摘しています。

さらに、同省は
喫煙者 ついて次のように言っています。

喫煙者は、非喫煙者にくらべて歯石がつきやすい。
喫煙は、歯ぐきの血行や免疫機能(防御機能)を低下させる。
喫煙者は、歯周病の治療を行っても治リが悪く、再発も しやすい。
歯周病にかかるリスクが高いのは、第一に『高齢者』、 第二に『喫煙者』。


タール
(ヤニのこと)は歯の表面にこびりつき、歯ブラシでもなかなか取れません。

そして、歯の裏側にこげ茶色に付着し、さらにこの部分には、
むし歯や歯周病の原因となる歯垢がつきやすくなり、歯周病の発症や進行を早めてしまいます。

また、
ニコチンは歯ぐきや歯を支えている骨などの健康な細胞を傷つけ、炎症を引きおこしますし、守るために必要な細胞も減らしてしまいます。

そのため、歯ぐきの抵抗力が落ちて歯周病が進行しやすくなり、治療効果が低下してしまいます。

あるデータによれば、
喫煙者は非喫煙者とくらべて、2〜9倍の割合で歯周病にかかりやすいそうです。

とはいっても、
たばこを吸わない人が歯周病にならないわけではありませんので、吸わない方でも油断は禁物です。







>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.