『健康保険』で“てきる治療”
           “てきない治療”
“むし歯”や“歯周病”の治療、また“入れ歯”の治療はすべて『健康保険』が適用されます。

健康保険での歯の詰め物やかぶせも物(俗にいう銀歯等のこと)でも、見た目をあまり気にしなければ、丈夫なものですから長持ちさせることはできます。

しかし、
患者さまのお口の状態や体質、また患者さまが求める理想的な治療が『健康保険』では認められないことも多くあります。

例えば、
審美性や耐久性に優れた『セラミック製』のさし歯や詰め物を使う場合、健康保険では治療することができません。

また、健康保険でできる“入れ歯”はレジンと呼ばれるプラスチック素材で作られるため、強度面を考え厚くせざるを得ず、入れ歯を入れた時の異物感も犬きくなってしまいます。

ですから、あなたの
理想とされる“さし歯”や“入れ歯”にしたいと思っても、健康保険の制約の中ではできないことも間々あります。

もし、あなたが人一倍敏感な感覚や体質をお持ちであったり、審美面や耐久面にこだわりがあるとしたら、そのために多少の出費は仕方ない場合もあるでしょう。

健康保険による“治療費は全国一律”で、新卒の歯科医が治療をしても、キャリアのある歯科医が治療をしても患者さまが負担する治療費は同じ金額です。

それはとても素晴らしいことですが、
審美面や耐久面でよリ良い治療を求められる患者さんには、健康保険は制約が多すぎて好都合なシステムではなくなってしまいます。

歯科医が勉強する本や講演会、学会でぱ“コスト”を考慮しない理想的な治療法が紹介され、討論されていますが、そのような歯科の最先端を行<治療は健康保険の適用を受けていないことが一般的です。

そのため、
より良い治療を求められる患者さまには、健康保険ではできない治療法をお勤めすることもあるのです。





>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.