「からだの健康は、歯の健康から
は、ただ単に食べ物を噛むためのもののように思われがちです。

でも、歯の働きはそれだけではなく、様々な形で私たちの日常生活の健康を支えています。

例えば、歯や歯ぐきが健康で食べ物を
しっかり噛めれば、胃や腸に負担をかけず全身にバランスよく栄養を行き届かせることができます。

また、
歯ざわりや歯ごたえを楽しんで味覚を豊かに保つことや、美しい顔の形や表情をつくることができるのも、しっかりとした歯があるからこそです。

もちろん、
会話がスムーズにできるのも歯がそろっていて、はっきり発音できるおかげです。

そして、しっかり噛むことで
脳を働かせボケ防止にもなります。

このように歯が全身に与える働きは様々で、しかも
健康的な生活をする上では欠かせないものばかりです。

≪ では逆に、歯や歯ぐきが不健康になってしまうと、
                体にどのような影響を及ぼしてしまうのでしょうか?≫


まず、よく噛めなくなるため
胃や腸などの消化器官に負担がかかり、栄養の吸収が悪くなってしまいます。
さらに、むし歯や歯周病などが原因で、
心臓や腎臓、またアレルギー性の病気などが引き起こされる事もあります。

【 歯の病気から引き起こされる可能性のある体の病気 】

●頭痛  ●肩こり   ●虹彩炎(目の病気)  ●心内膜炎(心臓の病気)
●腎孟炎(腎臓の病気)●胃腸障害 ●早 産 ●敗血症
●神経痛(神経の病気)etc…

このように、一見、
歯とは何の関係もなさそうな場所に別の病気を引き起こしてしまうこともあるのです。

もちろん、
よく噛めないとあごが発達せず、顔の形や歯並びが悪くなり、その人の性格まで内向的になることもあるといわれています。
                      
健康な歯と歯ぐきは健康な体を支え、私たちに快適な暮らしをもたらしてくれます。

大切な歯と歯ぐきを守る正しいケアを、ぜひ新年を迎えた今月から始めていきませんか?


当院でも、あなた様の歯と歯ぐきの健康を守るためのバックアップをさせていただきますので、何でもご相談下さい。

 

 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.