むし歯になってしまったら・・・
むし歯の穴が見つかったら、なるべく早く歯科医院で治療を行って下さい。

穴が開いてしまってからは躊躇してもしかたありませんから
できるだけ早く歯医者に行きましょう。

むし歯がまだ小さい時なら、1〜2回の治療であまり痛みもなく治すことができますが、「まだ痛くないから大丈夫」と放っておくと、むし歯が神経に達してひどい痛みに悩まされることになります。また、ひどくなってからの治療は、歯の神経を取ったり、何回もかけて消毒したりと通院回数も多くなります。

そして、
神経を取ってしまった歯は弱くなるため詰め物だけでは補修できなくなることも多く、冠をかぶせる必要もでてきます。すると、見た目や微妙な咬み合わせも心配しなければならないなど、何もいいことがないのです。

また、時折
「冷たいものがしみるからむし歯になったのでは?」と心配され来られる患皆様もいらっしゃいますが、むし歯ではなく知覚過敏が原因である場合もあります。

あまり過敏にむし歯の心配をしすぎて、
ごしごし歯みがきをし、歯ぐきをすり減らして歯の根の部分を露出させてしまった結果、冷水がしみるようになってしまうことも多いので注意しましょう。(ご自身で判断せず、冷たいものがしみるようなら、一度歯科医院で診察を受けましょう。) 

いくつになっても、しっかり
自分の歯で食べたいものですね。
たかがむし歯と侮らず、しっかり
治療を行いましょう。
もちろん、その前に
予防することも大切ですね。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.