歯について知ろう!
6月4日〜10日までの1週間は『歯の衛生週間』です。
そこで今回のこのコーナーでは、
「歯に関するお話」をまとめてご紹介させていただきます!

≪ 歯について知ろう! ≫

皆さんは自分たちの歯が何本あるのか知っていますか?

人間は生まれてすぐは歯が1本もありませんが、
3歳くらいまでには20本の乳歯が生えそろいます。
そして、この乳歯は小学校にあがるころから少しずつ
大人の歯(永久歯)に生え変わっていきます。
永久歯は人によって違いがありますが
“全部で28〜32本” あるんですよ。

≪ どうして虫歯になるんだろう? ≫

かたい歯に穴があいてしまう
むし歯の原因は “酸” です。
そして、この酸をつくっているのは□の中にいる
“細菌” なのです。

また、細菌の中でも特に
むし歯をつくりやすい菌“ストレプトコッカス・ミュータンス” という名前のものがあります。 このミュータンス菌は、□の中の食ベカスに含まれる “糖(糖、砂糖などの甘いもの)" と一緒になって、白くドロドロした “歯垢" をつくり出します。
そしてミュータンス菌は、どんどん仲間をふやしていきながら酸を出しむし歯をつくっていくのです。

≪ 虫歯を予防するには・・・ ≫

むし歯を予防
するには “歯みがき” が何より重要です。

食ベカスが口の中に残っている時間が長いほど、ミュータンス菌はどんどん増えてむし歯になりやすくなりますから、
食後はできるだけ早く歯みがきをする習慣をつけましょう。

また、
ニンジンやピーマンなどの野菜は繊維が多いので歯をきれいにする効果もあります。
そして
唾液は細菌がつくる酸を薄める効果もありますので、食事をしっかりよく噛んで食べることも虫歯予防になるのです。

≪ 歯を大切にしよう! ≫

皆さんのおじいちゃん、おばあちゃんの中には
“入れ歯" をしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?
それもそのはず、厚生労働省の調べによると、
80歳の人の残っている歯の本数は平均して “約10本" なのだそうです。そこで厚生労働省と日本歯科医師会では、平成元年から 『8020(ハチマルニイマル)運動』 をすすめています。これは 「80歳になっても自分の歯を20本以上残そう!」 といった運動です。

は高齢になってもおいしく食事ができたり、はっきりとした声