お口の中の不思議なサイクル
皆さんは歯の表面の「エナメル質」が、人間の体の中で最も硬い部分であるということは知っていましたか?
しかし、このエナメル質は
食事をする度に溶かされることがあるのです。
そこで今回は、歯の表面で起こっている
“お□の中の不思議なサイクル” について解説していきたいと思います。

≪ 実は、歯は “食事” のたびに溶けてしまっている。≫

毎日しっかり歯みがきをしていても、鏡を見ると白い歯垢(プラーク)が歯の根元あたりに残っていたってことはありませんか?
実は、どんなに歯みがきをがんばっても、歯についた歯垢をすべて取り除くことは大変難しいのです。           
普段、歯に残っている歯垢は、
□の中の唾液作用でほぽ中性に保たれています。
しかし食事や間食をすると歯垢が
酸性にかたむき、それがある程度の酸性まで進むと、急激にエナメル質の表面のミネラル成分(カルシウムやリン)が溶けはじめるのです。

これは目で確認することができないほどわずかなことなのですが、確実に食事のたびに繰り返されています。 (これを歯科用語では
“脱灰” といいます。)

この脱灰した状態が続<と、歯に穴があいて虫歯になってしまいます。


≪ 溶けてしまった歯はそのあとどうなるの…?≫

しかし、歯垢によって溶けてしまったエナメル質も、
食後は唾液の作用により修復が始まります。 

唾液には、
酸性にかたむいた状態を中性に戻してくれる働きがあるほかに、エナメル質の表面の溶けてしまった部分の修復も行ってくれるのです。 (これを歯科用語では “再石灰化” といいます。) 

つまり、□の中では食事や間食のたびにむし歯がおき始めたり治ったりしているのです。

そして再石灰化時に、
“フッ素”“キシリトール” を利用すると再石灰化をより促進してくれます。

一番大切なことは、常にお□の中を再石灰化しやすい状況にもって行くことです。

当院では、
脱灰⇔再石灰化をくリ返すそのプロセスに対し、皆さんの “お□の中のより良い環境作り” のためのお手伝いをさせていただきたいと思っております。 

 
 
 

 
 

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.