歯の治療を中断することで
        起きてしまうトラブル
歯が痛くなって歯医者に通い始めたが、痛みがなくなったり、忙しくて通えなかったりで、ついつい治療を途中で中断してしまった経験のある人はいませんか? 

今回は、
歯の治療を途中で中断してしまったことで引き起こるトラブルについて、いくつかお話していきたいと思います。

≪ “歯の神経”を取ったままの状態で中断してしまった場合 ≫

  神経を取り除く治療を行なった後や、歯の根の治療を行っている途中など、
主に歯の内部の
 治療を行っているときは、途中で中断してしまうと後のダメージが特に大きく
なってしまい
 ます。

  
歯の内部はとても抵抗性が弱いため、治療が途中のまま放置されると、むし歯が進行してき
 たり、根の内部が汚れたりしてしまいます。
  
根の治療は通院に回数がかかることもありますが、しかしここで中断してしまうと歯の寿命
 を一気に縮める
ことにもつながってしまいます。

≪ “仮歯”を着けたままの状態で中断してしまった場合 ≫

  治療中の歯でも一時的に見た目を元に戻せるのが、
プラスチック状のもので作られた仮歯
 です。 これは素材上、長期間の使用に耐えることはできませんが、手軽で見た目も良いた
 め、さし歯を被せる前などによく使われることがあります。

  しかし、この
プラスチック状の仮歯は、使用しているとしだいにすり減ってしまうのです。
  そして、
すり減ってしまうとその分、歯が動いてしまうことも多く、改めて治療を再開しても中断
 前と状況が変わってしまっているため、
追加で歯を削ることになったり、場合によっては神経を残
 せるはずだった歯の神経を取り除かなければならなかったりする
こともあるのです。

≪ “歯の型”を取った後、さし歯を着ける前に中断してしまった場合 ≫

  歯の型を取ると、それをもとに歯科技工士と呼ばれる専門家によって、さし歯などが手作業で作
 られます。
  歯は□の中で少しずつ移動することも多いので、
歯の型を取った後はできれば時間を開け
 ず、完成したさし歯を取り付けるほうが、精度の面では良い結果
となります。

  しかし、
型を取ってからしばらく時間が経過してしまうと、完成したさし歯とさし歯の土台にな
 る歯がうまく合わなくなることもあり、
さし歯の取り付けに時間がかかってしまったり、最悪の場
 合には再び歯の型を取り直してさし歯を作り直す
こともあるのです。


※ いかがでしたか?

治療を中断してしまった結果、数年後に大変な状態になってしまった…。

そんな事態をなくすためにも、今回のお話で気になったことがある方は、ぜひ一度、
歯科医師に相談してみることをオススメいたします。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.