2008年の締めくくりに
     “歯のクリーニング”を!
歯のケアは、“毎日の歯みがき”“定期的な歯科医院でのクリーニング” の両方がそろって、はじめて完璧なものになります。

歯科医院で行う歯のクリーニングは “
Professional Mechanical Tooth Cleaning”
の頭文字をとって
“PMTC” と呼ばれ、このクリーニングは、健康な歯と歯ぐきの方、また歯周病の方にも有効なデンタルケアと言えるでしょう。

先のお話をくり返しますが、
むし歯や歯周病の予防“自宅でのセルフケア”“歯科医院でのクリーニング” を併用してこそ完璧といわれるほど、歯科医院で行う歯のクリーニング(PMTC)は、歯科疾患予防において大切な位置を占めています。

それはどうしてなのかというと、自分で歯みがきをするだけでは、
どうしても磨きにくいところに少しずつ磨き残しができてしまうからです。 とくに歯と歯の間、歯と歯ぐきの間は、隅々まで歯ブラシが行き届かない部分もあります。

そして、こういった磨き残しが少しずつ蓄積していくと、歯の表面に
“バイオフィルム” というパイ菌の膜ができてしまうのです。
“バイオフィルム” をわかりやすく例えるならば、水道管の中のヌメヌメ汚れのようなしつこいもので、歯みがきだけではしっかり落とすことができず、結局は器械的な清掃以外に落とす方法がないのです。

また、
バイオフィルムパイ菌を守るバリアになっているため、その中でパイ菌がどんどん増えていき、それが “むし歯” や “歯周病” の原因になってしまうのです。

こういった理由から、歯科医院で行う歯のクリーニング
(PMTC)は、むし歯だけでなく歯周病予防にもつながるのです。

当院でも歯のクリーニング
(PMTC)を行っております。
クリーニングの内容、また現在のあなた様の歯の状態に合わせたクリーニングの頻度に関するアドバイスなどもさせていただきますので、ご興味ございましたら
お気軽に当院スタッフまでご相談下さい。

 
 『 今月は 2008年の締めくくりのひと月でもあります。
   1年間のたまった汚れを大掃除するように、ご自身の歯も来年に向けて
   クリーニング(大掃除)されてみてはいかがでしょうか?
 』


 
 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.