「口臭対策 !」
あなたは大丈夫ですか?
口臭は、年齢・性別に関係なく誰にでもあるものですが、ひとくちに口臭と言ってもいろいろな原因があり、主に次の3つに大別されます。

【1】生理的口臭
       起床時、空腹時、緊張時、生理、妊娠時など
【2】食べ物による口臭
       ニンニク、ニラ、ネギなど
【3】病的口臭
       むし歯、歯周病、舌苔、汚れた入れ歯、全身の病気(胃炎など)

3つの中で
誰にでも起こるのが、「生理的口臭」です。

これは朝起きた時、空腹時、緊張した時など、
唾液の出が悪くなると起こりやすくなります。これらは口臭というほど不快なものではありません。

また女性の場合、
生理や妊娠時はホルモンバランスの崩れによって、歯ぐきが腫れて炎症を起こし、それが原因で口臭が強くなることもあります。

次に
「食べ物による□臭」です。
これは
臭いの強い食材を食べた時に出る一時的なものですので、特に気にすることはないでしょう。

そして、
他人が不快に感じてしまう口臭の多くは、何かしらの病気が原因で起こる「病的口臭」です。
これは、
胃や気管支などの全身の病気からくるものもありますが、実際、この口臭の8割以上が、「むし歯」や「歯周病」、「歯垢」、また、舌につく白っぽい「舌苔」など、お□の中が原因と言われています。

≪ “臭い”は元から取り除きましょう!≫

これをお読みいただいている方で
「自分には口臭があるだろうか? あっても気づいていないだけだろうか?」
と思った人は、自分の手の中に息を吐き、それを自分で嗅いでみる、もしくは親しい人に嗅いでもらうなど、一度
「口臭チェック」をしてみてはいかがでしょうか?
そして「口臭」があるようならば、まずはその
“原因” を知ることがとても大切です。
もしむし歯や歯周病が原因であれば、それらを治療しない限り、□臭も消えることはありません。

また、普段からの
口臭対策としては、下記の予防法が基本になりますので参考にしてみて下さい。

【 歯みがき 】
  何といっても
口臭予防には、毎日の歯みがきが重要です。
  また、舌の表面が白くなっていたら、舌ブラシなどを使って
舌苔を取るようにしましょう。

【 消臭効果のある食べ物 】
  ニンニクやニラなど臭いのある食材を食べた後は、
牛乳を飲むことで臭いを防ぐことができます。また 、レモンや梅干は唾液の分泌を促し、さらに臭いの元になるたんぱく質を分解したり、食べ物の残りカス が腐敗、発酵するのを防ぎます。
 その他にも、
緑茶に含まれる葉緑素やフラボノイドにも消臭効果があります。

【 唾液の分泌を促す 】
  口臭は□の乾燥が原因の1つですから、
ガムを噛んで唾液を出すのも効果的です。
  ガムは
キシリトール入りのものを噛みましょう。
  また、
食事もよく噛んで食べましょう。これは、全身の健康にもつながることです。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.