“子どものむし歯”
  そのままにしていませんか?
子どもの歯(乳歯)いずれ生え変わるものなので、むし歯になっても “痛み” が無ければ放っておいても問題はないような気もしますが…???

でも実は、
乳歯のむし歯は生え変わる “永久歯” にも大きく影響してくるのです。

まず、乳歯のむし歯をそのままにしておくと、おロの中で
“むし歯菌” が増え続けます。

運よく、痛みもないままポロポロ乳歯が抜けたとしても、お□の中の
“むし歯菌” は無くならないので、次に生える永久歯は “むし歯菌” の多い “汚れた環境” の中に生えてくることになってしまいます。

また、ひどいむし歯で乳歯が膿んだまま抜けたりすると、そのあとに
“弱い永久歯” が生えてくることになり、こうして生えてきたこの弱い永久歯は、 “糖分に弱い” というだけでなく、ストレスなどが原因で “唾液の量” が減ってしまったような時でも、いち早くダメージを受けてしまうのです。

こういった理由から、
良い環境で永久歯を迎えるためには、乳歯のむし歯は必ず治しておく必要があるのです。

  
≪ 乳歯のむし歯は “将来の歯並び” にも影響してしまいます。 ≫
 
乳遠のむし歯でもうひとつ忘れてならないのは
“歯並びへの影響” です。

乳歯がむし歯になって抜けてしまう、あるいは、あまりにひどいむし歯なら抜いてしまうこともあるでしょう。そういった場合、生え変わる永久歯の準備がまだできていないため、乳歯と乳歯の間に早々と
“空きスペ−ス” ができてしまいます。

もちろん、いずれここには永久歯が生えてくるのですが、生えるまでの間にこの
“空きスペース” が長い間あると、両隣の歯が自然と寄ってきてしまい、本来永久歯が出てくる予定だったスペースが狭くなってしまうのです。

そうなると、永久歯は
本来よりも狭いスペースに生えることになるので、
結果的に
曲がって生えてきたり、重なった形で生えてきてしまい、こうなってから綺麗な歯並びに戻そうと思うと、 “歯列矯正” などの治療が必要になってしまいます。

また、
歯並びが悪いと 、
“食べカス” や “歯垢” が歯と歯の間に残りやすくなる
ので、結局、またむし歯になりやすくなってしまいます。

“大人になっても丈夫で綺麗な歯” を目指すなら、
乳歯の時からの “予防" と “治療”
をしっかり行うことが大切なのです。

 
 

 
 

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.