「親知らず」は
     抜いたほうがいいの?
「親知らずは抜いた方がいい」とよく言いますが、実際はどうなのでしょうか?

今回は
“「親知らず」は抜くものなのかどうか” についてお話していきたいと思います。

まず、親知らずを抜くかどうかは、親知らずが 
“歯として噛む働き” をしているか、いないかで判断することが多いでしょう。

例えば、親知らずと
噛み合わさる歯が無かったり、斜めに生えてきて満足に噛むことができないのに、むし歯や歯周病になって腫れて痛くなる・・・。

こういった場合、親知らずは
「歯」 としての機能よりも、腫れたり痛くなったりするためだけに存在していることになりますから、抜いてしまう可能性は高くなるでしょう。


   ≪ 「親知らず」は、こういった場合 抜くことがあります

親知らずは抜く必要があれば抜いた方が良い場合もあります。
もし、
以下のようなことが当てはまる場合は、抜く可能性が高くなるでしょう。

 【腫れが繰り返される場合】

   一度親知らずの
周辺の歯ぐきが腫れてしまうと、治まってもまた腫れる
   ことがあります。もし腫れが繰り返されるようなら抜いた方が良いでしょう。

 【物がはさまりやすく、隣の歯がむし歯になりやすい場合】

   親知らずよりも
その隣の歯に悪い影響を与えてしまう場合、隣の歯の保護
   を優先して抜いた方が良いでしょう。

 【親知らすのむし歯が大きく、治療器具が入らない場合】
   親知らずは一番奥にある歯なので、
治療器具がうまく入らず治療が困難
   場合、抜くことが有効な治療方法でもあります。

 【全体の歯並びに悪い影響が出てしまう場合】
   親知らずは生えてくるスペースが小さいと、
他の歯を押し出して生えてくる
   場合があるため、
正常な歯並びを乱してしまうこともあります。なので、そう
   いった場合は歯並びを保護するために抜いたほうが良いでしょう。

 【片方しか生えていない場合】
   正常に親知らずが生えてきたとしても、
噛み合わさる歯が無いと歯ぐきを噛ん
   でしまい
歯ぐきの炎症を引き起こすこともあります。そういった場合は抜いた
   方が良いでしょう

ただし、
「親知らず」 がむし歯になってしまった場合でも、歯として噛むことができ、むし歯もさほど大きくなければ治療をして残す場合もあります。

このように、
抜かれることになる 「親知らず」 の多くは “噛む” という本来の働きをせず、□の中で問題ばかり起こしている場合が多いのです。
もちろん、全ての 「親知らず」 を抜いてしまうわけではありません。
痛みや腫れがなかったり、他の歯に悪い影響を与えないのであれば、抜かずにそのまま様子を見ることになります。

もし、
「親知らず」 に痛みが出るようなことがあれば、早めに歯科医院でチェックを受けて確認してもらうことが大切です。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.