女性に“歯のトラブル”
       が多いのはなぜ…?
女性には女性特有の生理的、遺伝的な理由から、男性よりも “歯周病”
にかかりやすく、悪化させやすいことが指摘されています。


これはどうしてかというと、
女性が
思春期を迎えると 「女性ホルモンの分泌」 が始まります。
そして、このホルモンは歯ぐきの溝からも滲み出て、
歯ぐきの毛細血管に影響を及ぼし、歯周病による炎症を悪化させてしまうからです。

また、この
“女性ホルモンを栄養源としている歯周病菌がいる” という報告もあります。
そのため、女性ホルモンがたくさん分泌される
月経周期には、歯周病がどうしても悪化しやすくなってしまいます。

そして、
女性が最も歯のトラブルに気をつけなければならないのは “妊娠中” です。
なぜなら、妊娠中は特に女性ホルモンの分泌が増えるため、その影響はさらに大きくなってしまいます。

また、
“つわり” が起こる時期になると、
歯ブラシを□に入れることが辛くなって
歯みがきがおろそかになってしまったり、
一度にたくさん食べられないので、
食事や間食が増えて常にお□の中が酸性状態だったり、
さらには、
つわりの影響で
酸っぱい食品(酸性)を好んで食べるようになることもあったり、
これらの要因が重なってお□の中のトラブルが生じやすくなってしまいます。


       ≪ 妊娠中は歯科医院に通った方がいいの? ≫

こういったこともあり、
妊娠されている方は進んで 「歯の検診」 を受け、むし歯や歯ぐきの状態を診てもらうことが大切です。
妊娠中の方の治療は、薬の投与やレントゲン検査が充分にできないこともありますが、
歯科医師に妊娠していることをしっかり伝え、
治療が必要な場合はしっかり処置をしてもらいましょう。

妊娠後期や出産後は治療や通院が難しくなりますので、できるだけ安定期(妊娠5〜7ヶ月)の間に済ませておくようにしましょう。

 


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.