“歯の黄ばみ”
      で悩んでいませんか?
「いつまでも “白い歯” のままでいたい」
   と思いますが、やはりそうはいかず、
歯の色は年齢とともにだんだん黄ばんで
   いってしまいます。

■歯が黄ばんでしまう原因

  歯が黄ばんでいく原因の1つは
“加齢” です。
  歯の一番表面を覆っている
「エナメル質」 は、年齢とともに次第に薄くなっていきます。
  すると、その下にある
黄色い色をした「象牙質」が透けて見えるようになるため、歯の色が
  黄色くなってしまうのです。

  また、もう1つの原因として挙げられるのが、
  
コーヒー・紅茶・日本茶・ウ一ロン茶・コーラ・赤ワインなどの飲み物や、
  
ラズベリー・ブルーベリー・ブドウ・カレーなど、色の濃い食べ物の着色成分が歯に付き、 
  それが
エナメル質に染み込んでしまうことです。

  そのほか、
 
 「タバコのヤニ」も黄ばみのもとになるのはご承知のとおりでしょう。

  また、
神経を抜いた歯の色が悪くなるのは、
  
歯の象牙質にまで栄養が行き届かなくなってしまうためで、このように “歯の内側” から
  起こる
場合もあります。
  また、子どもの頃に
“テトラサイクリン系の抗生物質” を服用した影響で歯が黄ばむこと
  もあったりします。

■歯の黄ばみを解消する方法

  食べ物や飲み物の
着色汚れが歯の表面に染み込む前なら、
  それは歯についた汚れなので、日ごろの
歯みがきで予防ができます。
  今は
“ステイン(着色汚れ)除去効果のある歯みがき剤” が販売されていますので、
  そういったものを使ってみるのもよいでしょう。

  また、
歯科医院では “特殊な清掃器具” を使って歯を綺麗に磨くこともできますので、
  
エナメル質に染み込む前の汚れであれば、スッキリ綺麗に落とすことができます。

  もし、
エナメル質の中にまで染み込んだ着色汚れの場合は、
  上のような専門器具や歯みがきで清掃を行っても黄ばみは落とせませんので、こういった
  場合は
“ホワイトニング” という歯を白くする方法もあります。

  
   このホワイトニングとは、
    ホワイトニング剤を歯につけて歯の色を脱色していく方法です。


  ホワイトニング剤の
成分は “過酸化水素・過酸化尿素” で、
  もともと
口の中の消毒用として使われていたものですから、安心・安全に歯を白くすることが
  できます。
 

このように、現在はは歯を白くする様々な方法がありますので、「歯の黄ばみ」でお悩みの方は一度ご相談下さい。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.