治療が終わった歯でも、
 お手入れを怠っていると
また“むし歯”になってしまいます
治療が終わった歯は、表面にしっかり金属の詰め物がしてあったり、被せてあったりと、とても丈夫な作りになっているように見えます。 
ですから、
「もう二度とむし歯にはならないだろう」 と思う方も多いでしょう。

しかし!!!
治療が終わった歯でも、
その後のお手入れを怠っていると、再びむし歯になってしまうこともあります。これを歯科専門用語で
          『二次カリエス(二次的なむし歯)』
と呼びます。

また、
治療がすべて終わるとすっかり安心してしまい、その後、歯科医院に全く行かなくなってしまう方もいらっしゃると思いますが、その期間の油断がこの 「二次カリエス」 の発生を促してしまうのです。

実は、この
「二次カリエス」 の原因のほとんどが “不十分なブラッシング” にあります。

    なぜなら、
むし歯や歯周病はもともと “歯ブラシが届きにくい場所”や“目で確認
   しにくい場所” など、お手入れの行き届かない場所に多く発生する
ものなので、治療
   が済んだからといって安心するのではなく、
済んだからこそ、以前にも増してきめ
   細かなお手入れをする必要
があるのです。

また、歯みがきの他に重要なことが
『歯の定期健診』 の習慣をつけることです。

    むし歯でも歯周病でも、一度見つかれば何度か歯科医院へ通わなければならなく
   なります。
    忙しい人ほど、自覚症状があっても敬遠したくなる気持ちはわからなくもありません。
    けれども、少なくとも
年に数回『歯の定期健診』 を行っていると、むし歯・歯周病
    の早期発見
にもつながるため、仮にまた見つかったとしても治療は短期間で済むの
    です。

「急がば回れ」、これがご自身の歯を守るための一番の方法です。



>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.