「歯科専門用語」を
           覚えてみよう!
今回は皆さまに 「歯科専門用語」 をいろいろご紹介させていただきます。歯科医師とスタッフが治療に関する話をしている時は、主に歯科専門用語を使っています。
もちろん、患者さんはそれら専門用語を聞いても分からないことは多いですが、以下で紹介している用語を1つでも覚えていただければ、
歯科医師とスタッフがどんな話をしているのか分かるようになるかもしれません。ぜひ、ご興味のある方は覚えてみて下さいね。
                ※ここでは「あいうえお順」でご紹介させていただきます。

 
【 印象(いんしょう)】
    
“歯型をとる事”を指します。この型から作られた模型を元にして、歯の詰め物や被せ物が製作されます。

 
【インレー】
    
奥歯の治療をして歯の削った部分を埋める詰め物のこと。金属でできた物や、歯の色と同色
    で目立たない物など、様々な種類があります。

 
【う触(うしょく)】
    
むし歯のこと。う歯と呼ばれることもあります。

 
【オールセラミック】
    
すべてがセラミック(陶器・陶材)で作られている歯の被せ物

 
【クラウン】
    
歯全体を覆うための被せ物をクラウンと呼びます。こちらも金属でできた物や、歯の色と同色
    で目立たない物など様々な種類があります。

 
【クラスプ】
    
入れ歯に付いている針金のようなバネのこと。これを歯に引っかけて入れ歯を安定させます。

 
【歯冠(しかん)】
    
歯ぐきから出ている歯の部分のこと。

 
【歯根(しこん)】
    
歯ぐきから下の歯の根の部分のこと。

 【歯肉(しにく)】
    
歯ぐきのこと。

 【スケーリング】
    
歯垢や歯石を除去すること。

 
【テック】
    治療中の前歯などに被せ物が装着されるまでの間、使用される
仮歯のこと。
    
「テンポラリークラウン」の略語。

 
【デンチャー】
    
入れ歯のこと。「義歯」と呼ばれることもあります。

 
【バイト】
    
噛み合わせのこと。「咬合」と呼ばれることもあります。

 【バキューム】
    治療の際、ロの中の唾液や削った歯の粉などを
吸い取るために用いられる
    治療機器


 
【プラーク】
    
歯の汚れ、歯垢のこと。このプラークがむし歯や歯周病の原因になります。

 
【プラークコントロール】
    歯みがきや食生活の改善などを図り、
プラークの発生を予防すること。

 
【ブリッジ】
    
歯を失った部分の両隣の歯を削り、それらを土台にして被せ物でつなげる治療法のこと。

 
【メタルボンド】
    
金属の上にセラミック(陶器・陶材)を焼きつけ製作された歯の被せ物。

 
【ユニット】
    治療の際に
患者さんが座るイスのこと。うがい場所、治療機器、ライトなどが完備
    されている診療用イス。

 【裂溝(れっこう)】
    
奥歯にある溝のこと。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.