れぞれの歯の“名前”と“役割”
大人の歯は全部で “32本、8種類” あります(ただし、一番奥の “親知らず” を含めなければ28本です)。この32本の歯には、それぞれにいろいろな名前と役割があります。

そこで今回は、
『それぞれの歯の“名前”と役割”』 を皆様にご紹介させていただきます。 


【中 切 歯】  1番手前にある前歯を “中切歯” と呼びます。この歯には、食べ物を
          
“噛み切ったり、ちぎったりする役割”があります。

【側 切 歯】  中切歯の隣にある歯を “側切歯” と呼びます。側切歯も前歯の仲間
          なります。

【犬    歯】  3番目の歯は “犬歯” と呼ばれています。犬歯は歯の中で最も寿命が
          
長く、噛み合わせにも重要な役割を持っています。
          犬歯には食べ物を
“引き裂く役割” があります。

【第一小臼歯】  4番目の歯が “第一小臼歯” と呼ばれ、ここからが奥歯ゾーンに入り
           ます。この第一小臼歯は、
臼歯の中で最も小さい歯になります。臼と
           いう文字が入る通り、臼歯には食べ物を
“すり漬したり、砕いたりする
           
役割” があります。

【第二小臼歯】  5番目の歯は “第二小臼歯” と呼びます。この歯も小臼歯の仲間
           なります。

【第一大臼歯】  6番目の歯は “第一大臼歯” と呼びます。ここから大きな臼歯ゾーン
           に入ります。この第一大臼歯は6歳頃に生えてくるため、
“6歳臼歯”
           とも呼ぱれています。この第一大臼歯は、
噛んだり、噛み合わせたり
           
するためのとても大切な歯になります。大臼歯は食べ物を “すりつぶ
           
す役割” があります。

【第二大臼歯】  7番目の歯は “第二大臼歯” と呼びます。第二大臼歯は大きくて頼り
           
がいのある歯でもあります。この第二大臼歯は12歳頃に生えてくるた
           め、
“12歳臼歯” とも呼ぱれています。

【第三大臼歯】  8番目の歯が “第三大臼歯” です。俗に “親知らず” とも呼ばれます。
           親知らずは大人になってから生えてくることが多いですが、中には生え
           てこない人もいます。


    ★それぞれの歯は呼び名が異なります。それぞれに “食べ物を小さく切ったり、★
    ★砕いたり、すりつぶしたり” などの役割を持っています。              ★



<クイズの答え B>
乳歯は3歳頃に20本すべて生えそろいます。そして、6歳頃になると徐々に乳歯が抜けて永久歯が生え出し、12歳頃になると永久歯28本すべてが生えそろいます(ただし、個人差があります)。乳歯は全部で20本、永久歯は全部で28本(親知らずは除く)生えてきます。
 
>> お役だし歯科情報にもどる


>> 大画面で見る


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.