6月4日〜10日は
       「歯の衛生週間」です
6月4日〜10日までの1週間 『歯の衛生週間』 です。
「歯の衛生週間」は今から84年前の1928年(昭和3年)に、日本歯科医師会が「6(む)」「4(し)」にちなんで6月4日「むし歯予防デー」にしたのが始まりです。
その後、戦争などの影響で1943年〜1948年までの間は中止されていましたが、1949年(昭和24年)に
「口腔衛生週間」 として復活することになります。そして1958年(昭和33年)からは現在の 「歯の衛生週間」 という名前に変わり現在に至っています。

毎年6月4日〜10日までの1週間は、
           
       日本歯科医師会、厚生労働省、文部科学省が中心となって、
    
『歯を健康に保つこと』
    『むし歯や歯周病をいち早く見つけて治療し、歯を長持ちさせて体の健康を保ち、
    さらにより良くしてもらうこと』

を目的として、全国各地で様々なイベントが行われます。


【歯を長く健康に保つためには・・・】

   
人間の体は年齢と共に少しずつ衰えていきますが、もちろん歯も例外ではありません。
   歯や歯ぐきは働き盛りの “40歳” あたりから徐々に衰えはじめてきます。
   そして
80歳になると残っている歯の本数は平均 “約10本” 程度になってしまうと
   いった厚生労働省のデータもあるのです。

   実は歯を失ってしまう主な原因は
『むし歯』 と 『歯周病』 です。
   その中の1つとして挙げられている
「むし歯」 は、お口の中に潜んでいる細菌が出す
   “酸” が原因
です。
   この細菌が食ベカスに含まれる糖分とともに
“歯垢(プラーク)” を作り、酸を出して歯を
   溶かしむし歯を作ってしまう
のです。
   これを予防するためには、
しっかり歯をみがいて、食ベカスを毎日きれいに落とすことが
   大切です。
   また、
バランスのよい食事を心がけ、よく噛んで食べることも重要なポイントになります。

【80歳で20本の歯を!】

   
厚生労働省と日本歯科医師会が推進している 『8020運動』 では、 “80歳で
   自分の歯を20本保ちましょう”
と呼びかけています。

   これは
      
“80歳で20本以上の歯があれば、ほとんどの食べ物を噛みくだくことが
      できておいしく食べられる。 つまり80歳になっても、自分の歯を20本残し、
      活動的で楽しい老後を送りましょう”

   というのがこの運動の主旨です。

   むし歯や歯周病を防ぎ、80歳になっても20本以上の歯を保つには
“日ごろのケア”
   が何より重要です。
   
“歯の健康” こそ、いつまでも若さと健康を保つための秘訣と言えるでしょう。





【クイズの答え A】
歯みがきは“江戸時代”から庶民にとって身近なものになりました。当時は歯プラシがまだ無い時代だったため、 「房楊枝(ふさようじ)」 というものが使われていました。この房楊枝は長さが20センチくらいあり、片側は毛束、もう一方は歯のすき間の掃除用に細かく削ってあるものでした。今でいうと “歯ブラシと楊枝が組み合わさったようなもの” で当時の人は歯みがきをしていたようです。



日本歯科医師会
        ホームページ

・衛生週間ポスター
・8020運動


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.