“ステキな笑顔をつくる”
         お□のセルフケア
歯ブラシや歯磨剤などを販売しているライオン株式会社(東京都墨田区)が行ったアンケートによると、
「第一印象が良いと感じる人の条件」 として
   「笑顔がステキな人」 と回答した人が89%と最も多かったそうです。 
また、
「笑顔の印象を良くする顔のパーツはどこ?」 といった質問には
   「口元」 と回答した人が73%で最も多く、笑顔の印象を決定づけているのは “口元” と
   考える人が最も多かったそうです。


そこで今回は
『ステキな笑顔をつくるためのお口のセルフケア』 についてお話させていただきます。 
ステキな笑顔は明るく若々しい印象を与えてくれます。 
また、
きれいな白い歯であれば、笑顔に自信を持つこともできますよね!

   < 正しい歯の磨き方をマスターする >

     【歯ブラシの持ち方】

     歯ブラシは鉛筆を持つように持つ
のがオススメです。この持ち方は力が
     入り過ぎないため、歯や歯ぐきを痛めません。

     【歯ブラシの当て方】
     歯と歯ぐきの境目に45度の角度
で当て、横に細かく動かしてみがきましょう。

     【歯磨剤の選び方】

      歯磨剤を使わなくても歯垢は落とせますが、
歯の質を強くするフッ素や、
      歯垢が付きにくくなる成分
が入った歯磨剤を使ってみがいてもよいでしょう。

     【デンタルフロスを使う】
      歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の歯垢を落とすためには、
デンタルフロスや
      歯間ブラシ
を使いましょう。

   < 色素汚れ(ステイン)を落とす >

   
歯の黄ばみやくすみの原因は、食べ物・飲み物・たばこのヤニなとの色素です。
   それらが歯の表面に蓄積されて歯が変色してしまうのです。この色素汚れは
   
“ステイン” といいますが、一度歯に付いてしまったステインを取るのは難しい
   ため、付着する前に予防に努めましょう。

     ■原因となる飲食物やたばこを控える。
       (コーヒー・紅茶・お茶・ワイン・カレー・チョコレートなど)
     ■食後すぐに歯みがきしたり、水を飲んだりする。
       
     ■ステイン除去専用の歯磨剤を使って歯をみがく。

   < 口臭を予防する >

   
口臭の原因は 「歯垢や舌についた汚れ」 「むし歯や歯周病」 「ドライマウス(唾液の
   分泌減少)」
などです。こういった原因を取り除き、爽やかな息を手に入れましょう。

     【口の中を清潔に】
      口臭予防の基本は、歯みがきで
歯垢をきれいに取り除くことです。また、舌に
      ついた汚れ
も歯ブラシなどで優しくこすって取り除きましょう。

     【臭いの元になる食べ物を控える】
      ニンニク・ネギ・ニラなど
は臭いの元になってしまいます。人と会う前は控えた
      方がよいでしょう。

      【よく噛んで食べる】
      食べ物を
よく噛むと、唾液の分泌量がアップします。唾液には殺菌・洗浄効果
      があるため、唾液が増えれば口臭予防にもなります。

     【舌の運動で唾液を増やす】
      イラストのように
舌を動かして唾液の分泌を促してみましょう。

         ●口を開けて、舌を上下左右に動かす

         ●口を閉じて、歯と唇の間を通るように舌を回す

     【口呼吸から鼻呼吸に】
      口呼吸をしていると、口が渇いて口臭の原因になってしまいます。ですから、
      できるだけ
鼻で呼吸するようにしましょう。

     【むし歯・歯周病をしっかり治す】
      むし歯・歯周病も口臭の原因
になりますので、しっかり治して下さいね。


【クイズの答え:A
 
奥歯には深い溝があったり、歯ブラシが届きにくかったりして、みがき残しが多くなってしまいます。したがって、前歯よりもむし歯になりやすくなってしまいます。奥歯は特に注意してしっかりみがきましょう。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.