歯がズキン!と痛む「知覚過敏」
 でお悩みではありませんか?
冷たいアイスやかき氷をロに入れたり、歯ブラシの毛先が歯ぐきに触れた時、「歯がズキン!」
と痛む…なんてことありませんか?
こういった症状のある方は、もしかしたら
『知覚過敏』かもしれません。

実は、
日本人のおよそ “3人に1人” にこういった知覚過敏の症状があるのです。

   『知覚過敏とは?』
      知覚過敏とは、冷たい食べ物や飲み物を□に入れた時、
歯が“ズキン!”
     としみて痛む症状のことをいいます。そのほかにも、歯みがきの時や、熱い
     飲み物を飲んだ時にしみてしまうのも知覚過敏の症状です。

     この知覚過敏は、
歯の表面の「エナメル質」が傷ついたり、削れてしまうこと
     で、エナメル質の下にある「象牙質」が露出してしまい、そこに刺激が加わっ
     て、歯がしみる症状に繋がってしまいます。

   『知覚過敏の原因』
     では、なぜエナメル質が傷つき、削れてしまうのでしょう?
     知覚過敏の原因は様々考えられますので、以下でご紹介させていただきます。


     【間違った歯みがき】
     力任せに“ゴシゴシ”と強く歯みがきをしていませんか?
     日々こういった歯みがきをしていると、硬いエナメル質で
     あっても削られてしまうことがあります。

     【歯みがき粉】
     歯みがき粉の中には、歯の表面を綺麗にする“研磨剤
     (歯磨剤)”が配合されていますが、それを大量につけ、
     しかも長時間歯をみがいていると、場合によってはエナ
     メル質を傷つけてしまうこともあります。

     【歯ぎしり&噛み合わせが悪い】
     歯ぎしりや噛み合わせが悪いことが、知覚過敏の大きな
     原因になっているのではないかと言われています。

     【飲食物の酸】
     歯のエナメル質は“酸にとても弱い”という性質があります。
     ところか、私たちが普段口にしている飲食物には、酸が含ま
     れているものが多いため、普通の食生活をしていても、知ら
     ず知らずのうちにエナメル質を傷つけてしまっていることも
     あります。

     【ホワイトニング】
     薬剤を使って歯を真っ白にする「ホワイトニング」をご存知です
     か? 近年、このホワイトニングをしている人が増えています。
     ただ、このホワイトニング用の薬剤を使用すると、知覚過敏の
     症状が出てしまうことかあります(ホワイトニングが原因の場合
     は、薬剤の使用を休止すれば痛みが治まります)。

     【歯周病】
     歯周病になって歯ぐきか下がってきてしまうと、象牙質が露出し
     やすくなりますので、知覚過敏の症状が現れやすくなります。
     歯周病で歯ぐきが下がっている場合は、歯周病がかなり進んで
     しまっている可能性が高いので、一日も早く歯科医院で治療しま
     しょう。

     【むし歯】
     むし歯が原因で知覚過敏になっている場合、むし歯はかなり進ん
     でいる可能性があります。痛みも一時的なものでなく、すっと痛む
     のが特徴です。すぐに歯科医院で治療しましょう。

     【加 齢】
     加齢によって歯ぐきが下がってしまい、その結果、象牙質が露出し
     てしまうと、知覚過敏の症状が出やすくなってしまいます。


知覚過敏の原因は、個人差もありますので―概には分からないこともあります。
したがって、治療方法もその原因によって異なります。
これをお読みの方で、もし“歯がズキン!”と痛む症状があるようなら、一日も早く歯科医院で診てもらうようにして下さいね。

【クイズの答え:A】10本
ちなみに
@の21本はスウェーデン、B17本はアメリカです。日本人はむし歯になったら歯医者に行くという感じですが、スウェーデンでは、むし歯や歯周病が発生しないよう、「定期検診」や「歯のクリーニング」をすることが当たり前になっています。



>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.