お口は“健康な体”を
        つくるための入り口
“お口の健康状態”が体にどのような影響を与えるのか、
                            
皆さんはご存知ですか?

口は“体の入り口”
とも言える場所ですが、もしその場所が不潔で病気だらけだったら、お口の中の悪い細菌が血管などを通って全身に広がり、体にも悪影響を及ぼしてしまいます。


<代表的なお口の病気「歯周病」>

皆さんは
「歯周病」という病気をご存知ですか? 
歯周病は、歯と歯ぐきの境目にたまる「歯周病菌」が歯ぐきに炎症を起こし、歯の周りの組織を壊していく細菌感染症です。歯周病は初期の段階では痛みなどの自覚症状はありませんが、症状が進行すると歯を支える骨を溶かし、やがて歯が抜けてしまうのです。
実はこの歯周病は、
日本人が歯を失う原因の第一位となっています。また、様々な病気とも深く関係しているのです。


<歯周病と関係のある病気は?>

     【糖尿病】


          実は
“歯周病は糖尿病の合併症”の一つ”
          
と言われています。歯周病菌から出る毒素
          が口の中の血管を通って体内に入り込むと、
          
すい臓から分泌されるインスリンが働きにくく
          なって、糠尿病を悪化させる可能性があります。
          反対に、糖尿病の患者さんが歯周病を治すと、
          インスリンの働きが良くなって血糖値が下がっ
          たという報告もあるため、糖尿病予防のために
          積極的に歯周病予防を心がけて下さいね。  

     【心臓血管疾患】
          歯周病の人は
“心筋梗塞のリスクも高い”
          ことがわかっています。歯周病ではない人に比
          べ、
2〜3倍も発症するリスクが高いことが報告
          されています。
          これは、歯周病が悪化すると歯周病菌が血管を
          通して全身に広がり、心臓の血管にも影響を及
          ぼすためと考えられています。 

     その他にも、
「低体重児出産」「呼吸器系疾患」「消化器系疾患」「骨粗しょう症」
     とも関連があることがわかっています。

<歯周病は“世界で最も患者数の多い感染症”>

歯周病は
自覚症状のないまま進行し、気づいた時にはかなり重症になっていることがあります。
一度に何本も歯を失ってしまう人もいらっしゃいます。
自覚なく進行することから、おロの中の
『サイレント・キラー(静かな殺人者)』とも呼ばれているのです。
現代人を悩ませる病気は数々ありますが、世界で最も患者数の多い感染症が、実はこの
歯周病です。日本では30歳以上の人で、実に8割以上が歯周病、あるいはその予備軍と言われています。


<“歯周病のサイン”見逃さないで!>

   以下のチェックポイントであなたの
“歯周病危険度”を診断してみましょう。

     □歯ぐきが赤く腫れてブヨブヨする
     □かみ合わせが悪くなった
     □口臭がある、親しい人に言われることがある
     □歯と歯の間に、食べ物がよくはさまる
     □歯が抜けてもそのままにしている
     □冷たい水を口に含むと、歯や歯ぐきがしみる
     □歯ぐきが下がり、以前よりも歯が長くなったように感じる
     □歯がグラつき、食べ物がよく噛めない
     □歯ぐきから臭い膿みが出ることがある


   
“1個”でも当てはまるものがあったら歯周病のサインです。
   お早目に歯科医院で検診を受けましょう。


体の健康を維持するためにも、お□の健康状態をいつもチェックしましょう。
























【クイズの答え:C(1億個)】
   人間の口の中には約300種類以上の細菌が存在すると言われています。
   また、歯垢1r中には1億個以上もの細菌が存在しているのです。歯垢は
   粘着性があって歯に強くくっ付いているため、毎日の歯みがきで歯垢をしっ
   かり取ることを心がけて下さいね。


>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.