病気と関係している「危険な口内炎」があることをご存知ですか?
「口内炎」 ができると、食べ物がしみて憂鬱な気分になってしまいますよね。

ところで、
通常 「口内炎」 は1週間くらいで治りますが、
その一方でなかなか治らず “危険な病気を知らせるサイン” になっていることもあります。

そこで今回は
『危険な病気を知らせてくれる口内炎』についてお話させていただきます。

<こんな口内炎がお口の中に出ていませんか?>

一般的な□内炎は
『アフタ性口内炎』 と呼ばれるものです。
このアフタ性□内炎は、できても
1〜2週間程度で治るため
あまり心配する必要はありません。
しかし、□内炎が 「同じ場所に再発する」 「2週間以上たっ
ても治らない」 「形や色がいつもと異なる」 「複数の口内炎が
同じ場所にできている」 など、いつもの口内炎とは違い、何か
異変を感じるようなら、もしかしたら体の中に潜んでいる病気が、
口内炎という形でシグナルを出しているのかもしれません。

    
≪口内炎の危険度チェック≫
     □10日以上治らない
     □治っても同じ場所に再発する
     □いつもより大きい
     □形や色がいつもと違う
     □複数の口内炎が同じ場所にできる
     □痛みや腫れがひどい
     □同時に発熱や倦怠感もある
     □症状が□の中全体やくちびる周辺にまで広がっている

     1個でも当てはまる場合は “危険な口内炎” かもしれません。
     すぐに 「内科」 などの専門医を受診しましょう。


<“危険な口内炎” が出たときに考えられる病気は?>

【尋常性天疱瘡】
   
[症状]はじめは透明で柔らかく痛みのない(かゆみや圧痛がみられる
    場合もあり)
様々な大きさの水疱ができます。この水疱をつまんだり
    こすったりすると、はがれて大きくむけてしまい、痛みのあるただれが
    生じます。水疱は口の中にもでき、すぐに破れて痛みを伴うただれを
    生じます。そしてさらに、口の中の粘膜に水疱とただれが次々とできて、
    食べ物が飲みこみにくくなってしまいます。この病気は治療しないと
    死に至ることもあり、国から
「難病指定」されています。

【ベーチェット病】
   
[症状]唇、頬の粘膜、舌、歯ぐきなどに、直径1cm程度の大きくて
    表面がくぼんだ円形の口内炎
ができます。治まっても繰り返し起こる
    のが特徴です。口内炎以外にも、足や腕に赤いしこりができたり、
    目に重い症状が現れて視力が低下し、失明に至ることもあります。
    この病気の原因はまだわかっておらず、国から
「難病指定」されて
    います。

【白血病・悪性リンパ腫】
   
[症状]白血病の初期症状として 「口内炎がよくできる」 というものがあり
    ます。また、通常の口内炎と違ってなかなか治りません。小さな2〜3個
    の口内炎が
同じ場所にできたり、繰り返しできたりします。こういった
    病気になると、体の免疫力が低下するため、体内に潜んでいたウィルス
    が増加して口内炎を発症させてしまいます。同じ場所に複数の口内炎
    が繰り返しできるような場合は要注意です。



病気になると体は敏感に反応し、そして初期症状を起こします
「口内炎」はもしかしたらその初期症状かもしれません。
したがって、何げない口内炎でも気にして下さいね。
口内炎がなかなか治らないなど、もし上で紹介した症状と似ている所が多い場合は、病気の
可能性も考えられますので、すぐに「内科」を受診しましょう。





















【クイズの答え:A(エナメル質)】
歯の表面は 「エナメル質」 というとても硬い物質でできていて、人間の体の中で
一番硬い部分になります。硬さは “水晶” と同じくらいあるんですよ。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.