“よく噛んで食べること”は
      良いことがいっぱい!
“噛む”ことは普段何気なく行っている行為ですが、噛むことはただ単に消化を助けるためだけのものではありません。
実は、今まで歯が無くて噛めなかった人が、入れ歯を入れてしっかり噛めるようになったところ、
『1年間歩けなかった人が歩けるようになるまで回復した』、
『ほぼ寝たきりだった人が散歩できるほど元気になった』

という素晴らしい効果が出ていることがわかっています。

≪噛むことが“脳”を刺激する≫

   最近の研究では
“噛むことが脳を剌激している”ことが分かっています。 
   その鍵を握っているのが、歯の根元にある
「歯根膜」という組織です。
   この
歯根膜は“歯を守るクッション”や“歯にかかる力を感知するセンサー”
   の役割
も果たしています。このセンサーは脳神経にもつながっているため、
   
噛むことで歯根膜が刺激されると、その情報が脳の中枢に送られ、脳が
   活性化
することがわかっています。

≪よく噛むことで得られる良い効果は?≫

   【脳の活性化】

     よく噛むと
脳に流れる血液量が増え、脳が活性化します。
     脳が活性化すると「運動」「感覚「「記憶」「意欲」などに良い
     影響を与えます。

  【ダイエット効果】
     ゆっくりよく噛んで食べると、
満腹中枢が刺激されて食べ
     過ぎを防いでくれます。また、体温が上昇してエネルギー
     もよく消費されるため、ダイエットにも効果的です。

  【むし歯・歯周病の予防】
     よく噛んで食べることで、
唾液の分泌が促進されます。
     唾液には、お□の中の食ベカスや細菌を洗い流す効果が
     あるので、むし歯や歯周病を予防してくれます。

  【リラックス効果】
     食べ物を
よく噛んで味わうことで、リラックス効果が得られる
     ことが科学的にもわかっています。



≪よく噛むために工夫できること≫

  【お料理に噛みごたえのある食材を使う】

     噛みごたえのある食材
(例:ゴボウ、レンコン、リンゴなど)を使い、
     食材も大き目に切って調理しましょう。こうすることで必然的に
     噛む回数も増えるでしょう。

  【旱食いしない】
     忙しい毎日に追われ、知らず知らずのうちに急いで食べていま
     せんか? 
1日の食事の中で1度は、意識的にゆっくり味わい
     ながら食べる時間を設けましょう。

  【お□に入れる量を少なめに】
     口に運ぶ量を少なくしても、ひと口あたりの噛む回数はそれほど
     変わらないものです。
     できるだけ
口に運ぶ回数を増やして、たくさん噛むように工夫しましょう。


  しっかりよく噛むためにも、ご自分の歯を大切にしましょう!



















【クイズの答え:A(全体の約40%)】
「8020推進財団」が9年前に調ぺた調査によると、歯を抜く原因の32%がむし歯、歯周病はそれよりも多い42%という結果でした。
抜歯はむし歯が原因といったイメージが強いかもしれませんが、実はむし歯よりも歯周病の方が抜歯に至っているケースが多いのです。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.