肩こりや頭痛の原因になっている
     かも!?「上下歯列接触癖」
上下の歯をいつも接触させてしまう
『上下歯列接触癖』
『TCH(Tooth Contacting Habit)』
とも呼ばれ、
自分では気付かないうちにやってしまう
癖の一種です。
この癖がある方は
、知らず知らずのうちに顎の筋肉に負担をかけ、顎関節症や肩こり、頭痛の原因となったりなど、さまざまな体調不良に発展する可能性があります。

実は、
顎関節症患者の約8割にTCH が見られるというデータも出ています。

 <TCHはどんな癖?>

口を閉じている時、通常上下の歯は、接触したり噛み合ったりすることはありません

食事や会話の時を含めても、
上下の歯が接触しているのは1日20分程度と言われています。

しかし、
TCHの方の中には、
「上下の歯がくっついているのが当たり前だと思つていた」
という人も少なくありません。

また、リラックスしている時は接触していなくても、テレピを見たり、パソコンでの作業、調理、運転、スポーツの最中など、
何かに集中している時、またはストレスを感じている時に接触していることが多いようです。

     “食いしばり”との違い

       
「食いしばり」の場合は、強い力で歯を噛みしめるため、顎の筋肉の疲労が大きく、
       長時間やっていることはできません。
       その一方で
「TCH」は、無意識で歯を接触させ噛み合わせてしまっているため、
       噛む力は弱いですが、継続されることにより、顎に大きな負担を与えてしまいます。

    TCHチェック

       TCHは無意識でやっていることが多いため、
       自分ではなかなか気が付きにくいですが、
       次の項目にチェックが付いた方はその可能性が疑われます。

       □舌の縁(ふち)に歯形が残っている
       口起床時、首筋や肩の疲労を感じる
       口作業中、ふと気が付くと歯を噛みしめている
       口奥歯で物を噛むとピリッと痛みが走る時がある
       口無意識的に舌を上顎に吸い付けている
       口 顎が開かない、または痛みを感じた経験がある
       口歯の横の面が削れ、歯が細くなった気がする
       口頬(ほお)のまわりの筋肉が緊張している気がする


 <体への影響は?>

体に
不調がなければそれは“単なる癖”なので、それほど気にする必要はありません。
しかし、TCHによって次のような症状が引き起こされることもあります。

   ●知覚過敏
   ●歯の破折
   ●詰め物や差し歯が取れる・割れる
   ●歯周病の進行
   ●ドライマウス
   ●ロ内炎
   ●舌や頬を誤って噛みやすい
   ●肩こり
   ●顎関節症
   ●頭痛
   ●耳鳴り
   ●腰痛

 <TCHを治すには?>

癖を急に止めるのはとても大変なことですが、
ふと気が付いた時には「歯と歯を離し、顔の緊張を緩める」ように努めましょう。
治し方としては、テレピやパソコン、台所、トイレなどに
「歯を離す」と書いた紙を貼っておき、その紙が目についた時に、しっかり歯と歯が離れていることを確認するタイミングを作りましょう。そして、歯と歯を離すことを少しずつ習慣化していきましょう。


TCHは“単なる癖”と軽視されがちですが、さまざまな不調の原因になる場合もあります。
特に眠っているときに歯ぎしりがある方、顎関節症でTCHが疑われる場合は、一度ご相設ください。



























【クイズの答え:A日本】
世界で一番歯みがきに時間をかけている国は
「日本」でした。
しかし、
「むし歯のない国ランキング」では40か国中17位。時間をかけている割には、むし歯になっているようです。時間をかけて歯を磨<ことも大切ですが、より重要なことは “正しく歯を磨くこと”です。

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.