代表的な“舌のトラブル”は?
皆さんは日頃、自分の舌をじっくり観察することはありますか?
鏡は毎日のぞいていると思いますが、舌のチェックまでしている方は少ないのかもしれませんね。
しかし、舌に関するトラプルは意外に多いものです。
そこで今回は
『代表的な舌のトラプル』をご紹介させていただきます。

<舌苔>
   【特徴】
   舌答とは、
食べカスや唾液、細菌などの汚れが舌の表面に付着したものです。
   主に
白っぽい色をしていますが、体調によっては黄色やグレーがかった黒色
   なっている場合もあります。
   舌苔は誰の舌にも付いているものなので、健康な人はあまり気にする必要は
   ありません。

   【対策】
   舌苔が気になる方は
「歯プラシ」や「舌みがき専用プラシ」を使って、舌の奥
   から手前に向かって優し<ブラッシングして落としましょう。
   あまりゴシゴシこすると
舌を傷つけてしまうので注意しましょう。

<口内炎>
   【特徴】
   口内炎には大きく分けて
ウイルスや細菌が原因のものと、ストレスや免疫力
   の低下が原因
になっているものの2つに分類されます。
   舌にはどちらの口内炎もできる可能性があります。
   舌によくできるのが
「アフタ性口内炎」というもので、主な原因はストレスやピタミン
   不足などです。

   【対策】
   口内炎を治すには、
患部を保護して炎症をおさえる塗り薬を使用します。また、
   口の中を清潔にするために
うがい薬を使ったり、ビタミン不足を補うサプリメント
   
を服用したりします。

<舌痛症>
   【特徴】
   舌痛症とは、口の中がヒリヒリしたり、
カーッとした痛みがあったり、ピリピリとしみる
   ような感覚はあるものの、原因がはっきりしない状態
を指します。
   痛みは舌の表面に起こりますが、見た目の変化は特にありません。

   【対策】
   
患者は主に女性で、特に更年期を迎えた年齢の方に多くみられます。
   原因はストレスが大きく関係していると考えられています。
   治療には
薬の服用のほか心理療法が用いられます。

<低位舌>
   【特徴】
   通常、口を閉じている時は、舌先が前歯の裏の歯ぐきに軽く接しています。
   しかし、低位舌の人の場合、
舌の位置が下の歯の裏側にあります。
   この低位舌になると、
唾液の分泌量が減って口の中が乾燥したり、
   
睡眠時無呼吸症候群やいびきの原因になったり、さらには歯並びにも悪い
   影響
を与えてしまいます。

   【対策】
   主な原因は
舌の筋力の低下です。舌を正しい位置に置くことを普段から
   意識するだけでも改善につながります。



  ※「舌は健康のバロメーター」とも言われています。
   気になる症状があるようなら、自己判断せずに
   まずはお気軽にご相談ください。


















【クイズの答え:@新潟県
文部科学省の学校保健統計調査(平成25年)によると、新潟県は12歳児の平均むし歯数(治療済を含む)が0.55本で、日本で一番子どものむし歯が少ない県です。全国平均は約1.05本ですから、これはかなり少ないです。しかも14年連続で全国最少というから驚きです!

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.