みんなの歯みがきの習慣は?
6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」です。

この期間はさまざまな歯に関するイベントが行われるため、
『お口の中の健康』について改めて考えてみる良い機会となるでしょう。
そこで今回は(株)ライフメディアさんが調べた『歯に関する調査』をご紹介させてただいます。


< 『歯に関する調査』とは? >

2014年5月に、全国の10〜60代の男女1200人を対象に
   
「歯みがきの回数や時間」
   「歯の定期検診を受ける頻度」

について調査した結果です。


< 調査結果 >

   
【1日に何回歯をみがく?】
   1日の歯みがきの回数を調査したところ、
7割以上の方が2回以上
   みがいているようでした。
   特に
女性の約8割が2回以上と回答しています。
   むし歯や歯周病予防の観点から、食後は必ずみがきたいところです
   が、外出先などで歯みがきが難しい場合は、
口腔洗浄液などでケア
   するのも良い
でしょう。

   
【歯をみがく時間は?】
   歯みがきの時間は、
1回あたり平均3分未満と半数の方が回答して
   います。
   朝などの忙しい時間帯は、どうしてもサッと済ませてしまいがちですが、
   そういった方は
寝る前だけでも10分くらいしっかり時間をかけ、歯垢を
   落とすように心掛けましょう。

   
【歯ブラシはどれくらいで交換する?】
   歯プラシの交換は、
1ヶ月に1回が最も多い結果となりました。毛先が
   開いてしまった齒プラシ
は、歯にしっかり毛先が当たらないため歯垢を
   落としにくくなります。また、
歯ぐきを傷つけたり、歯プラシに雑菌が繁殖
   
しやすくなりますので、定期的にチェックして交換しましょう。

   
【歯の定期検診、何ヶ月おきに受けている?】
   歯科医院で受ける
歯科検診は、1年に1回以上受けている方が約4割
   でした。
  理想は3〜5ヶ月に1回です。なかなか時間の取れない方でも、半年に
   一度は
受けておくと安心でしょう。


ご自身の習慣と比ぺてみていかがでしたか?
むし歯や歯周病は予防が最も大切です。ご家庭でのケアと定期的な歯科医院でのケアで、お口の健康を守ってくださいね !

















【クイズの答え:A(大黒歯と恵比寿歯)】
江戸時代には
自分の左手側の前歯を「大黒歯」、右手側の前歯を「恵比寿歯」と呼んでいました。
大黒様は米俵に乗り、恵比寿様は鯛を抱えていることから、食に関わりの深い神を前歯2本に見立てたことが愛称の由来のようです。
この歯が欠けると「お金がこぼれていく」という説も・・・



>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.