1日1回はしっかりと汚れを落とそう!「正しい歯のみがき方」
皆さんは毎日、どのように歯をみがいていますか?
「時間の無い朝は、短い時間で簡単に・・・」という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は
『正しい歯のみがき方』
についてお話をさせていただきます。
歯をしっかりみがいて歯垢を落とし、
むし歯・歯周病予防に努めてくださいね。

<歯のみがき方>
まずは、
歯みがきの流れとポイントを確認しましょう。
次のような手順でしっかり歯をみがくと、
みがく時間は約10分かかります。
歯みがきの10分は長いと感じられるかもしれませんが、お風呂に入りながら、
テレピを見ながらといった
ながらみがき”
を行うと、そんなに長くも感じずに楽しく続けられますよ。


   @口の中をすすぐ
     まず、口の中の汚れを落とすために、
ぬるま湯でしっかりとロの中をすすぎましょう
     水よりもぬるま湯の方が汚れもよく落ち、
歯や歯ぐきを刺激せず行うことができます。

   A大まかにみがく

     口の中をすすいだら、
次は歯プラシで大まかに口の中をみがいて、汚れを落とします。
     
軽い力で口の中全体をブラッシングしましょう。

   B横みがき
     いよいよ
歯を 1本ずつみがいていきます。
     
歯ブラシを歯に対して斜め45度に当て、小きざみに横に動かします
     こうすることで、
歯と歯ぐきの間や、歯と歯の間の汚れを落とすことができます。
     みがく回数は、
歯1本あたり10回<らいが目安です。

   C縦みがき
     横みがきが終わったら、今度は
歯ブラシを縦に持ち替えて1本ずつみがきます。
     特に歯並びの悪い部分や前歯の裏など、
横みがきでは落としにくいところの汚れ
     縦みがきで除去しましょう。
     また、
1本の歯に対して右側、正面、左側というように立体的にみがく
     より効果的です。
     また、奥歯は舌のつけ根付近や噛み合わせ部分のみがき残しが多くなるため、
     こういった部分の汚れをかき出すように歯ブラシを動かしましょう。

   Dすきま汚れのケア

     最後に、
歯と歯の間の汚れをデンタルフロスや歯間ブラシを使って落とします。
     もし、デンタルフロスや歯間プラシの
使い方やサイズなどについてわからない
     ことがございましたら、お気軽にご相談<ださい。


※食後に歯みがきができない時は、口をすすいでから綿棒などで歯の表面を擦るだけでも違います。大きな食ぺカスを落とせるほか、食ぺ物による歯の着色も予防することができますよ。
















【クイズの答え:@ 20%
入れ歯の噛むカは、天然の歯に比ぺてたった5分の1
しかありません。
したがって、ステーキやせんぺいといった固い食ぺ物は噛み切れな<なってしまいます。
い<つになっても好きなものを美味しく楽しむためには、歯を1本でも多く残せるように努力
しましょう !

>> 歯のはなしに戻る  >> トップページに戻る
Copyright(C)2006. SANTANDA DENTAL CLINIC All Right Reserved.